女性のキャリアアップをサポート!「教育訓練給付制度」を学ぼう!

2018.05.15
この先のキャリアを考えたときに、キャリアアップやキャリアチェンジをするために、仕事に関わる資格を取得することは一つの大きな選択肢といえます。もちろん資格だけあれば良いということではありませんが、資格を取得することで能力の証明になることもまた事実です。とはいえ、専門性の高い資格を取得するとなると、時間的な制約はもちろんのこと金銭面も心配ですよね。そんな今回は、金銭面でサポートしてくれる「教育訓練給付制度」について解説いたします。
■教育訓練給付制度とは?
では、キャリアアップやキャリアチェンジの後押しをしてくれる「教育訓練給付制度」とはどのようなものなのでしょうか?
教育訓練給付制度とは、ハローワークと同様、厚生労働省が実施している制度のことです。厚生労働省のホームページによると、教育訓練給付制度とは、
働く方の主体的な能力開発の取組み又は中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とし、教育訓練受講に支払った費用の一部が支給されるものです。
(出典:教育訓練給付制度/厚生労働省
と説明されています。
なお、教育訓練給付制度には、「一般教育訓練給付金」と「専門実践教育訓練給付金」の2種類があります。以下で、それぞれについてみていきましょう。
■一般教育訓練給付金について
一般教育訓練給付金とは、簿記などの資格取得のために、資格の学校などに通う費用をカバーするための制度のことです。初めてこの制度を利用するには、雇用保険に通算1年以上加入している必要があります。なお、2回目以降利用する場合は、通算3年以上必要となります。
気になる給付内容は、学校に対して支払った受講経費(入学料+受講料)の20%がハローワークから戻ってくるというものです。ただし、支給される金額には上限があり、最大で10万円までとなります。そもそも、受講経費の20%が4,000円に満たない場合は支給されませんのでご注意ください。また、対象となる講座は厚生労働省が指定したものに限ります。
なお、所定の要件を満たすキャリアコンサルタントからキャリアコンサルティングを受けた場合は、その費用の2万円までを教育訓練給付の経費に足すことができます。そのため、ご自身のキャリアについて専門家に相談したいという場合も安心ですね。
ただし、この制度はきちんと教育訓練を終了した人に対して支払われる仕組みになっています。よって、学校への受講料を支払うタイミングで学費が割引されるわけではありませんし、途中で勉強を止めてしまった場合などは給付を受けることができません。
■専門実践教育訓練給付金について
平成30年より給付額がアップしたのが、専門実践教育訓練給付金です。こちらは看護師や美容師、航空機操縦士といった業務独占資格や大学院など、より専門性も高く、訓練期間も長くなる訓練への給付金となります。一般教育訓練給付金に比べ、雇用保険に2年以上加入している必要があるなど、支給要件は少し厳しくなりますが、その分支給額もアップします。
そして、以前は受講経費の40%(年間上限32万円)までであったのが、平成30年より、受講経費の50%(年間上限40万円)までアップしました。また、専門実践教育訓練の修了後1年以内に、目標として設定した資格を取得のうえ就職した場合はさらに給付金が増えます。具体的には、受講経費の70%(年間上限56万円)までが対象となります。資格取得もできるうえに、70%の受講料が戻ってくるなんてお得ですよね。
もちろん、一般教育訓練給付金と同様に、対象は厚生労働省が指定したコースに限ります。なお、専門実践教育訓練給付金を受ける場合は、事前にキャリアコンサルタントによるキャリアコンサルティングを受けて、自身の能力や将来的な希望などを整理するための「ジョブ・カード」を作成する必要があります。このカードがないと、専門実践教育訓練給付金を受けることはできませんのでご注意くださいね。
いかがでしたでしょうか?このように、みなさんの能力開発をバックアップしてくれる教育訓練制度。平成34年3月31日までの制度ですので、ぜひご自身のキャリア開発にこうした制度を上手く活用してくださいね。
ブロードマインド株式会社
第一種証券外務員を保有するお金のプロ!
難しいお金の話を分かりやすく解説します。
  • この記事が参考になったら
    いいね! してね