生命保険に入るなら、掛け捨てタイプと貯蓄タイプどっちがいいの?

2016.06.21
子どもも生まれたことだし、そろそろ旦那に生命保険に入ってもらおうかな?でも、保険料の支払いはできれば抑えたい!「掛け捨てタイプ」と「貯蓄タイプ」があるけれど、一体どっちがいいんだろう?
そんな疑問をお持ちの方に。
■掛け捨てタイプはどんな保険?
掛け捨てタイプのメリットは、割安な料金で保険に加入できるという点です。
反対にデメリットは、保険を利用しなかった場合に保険料が払い損となる点です。
「掛けて捨てる」という名前の通り、掛け捨てタイプは保険を利用しなかった(=保険事故が起きなかった)場合に、払った保険料が「安心料」として払い損となります。
ですが、そもそも生命保険や医療保険は利用する機会がない方が良いですよね。
そのため、仮に払い損になったとしても、「病気やケガをせず保険を利用しないで済んだのだから、それはそれで良かった!」と納得される方も珍しくありません。
しかし、「できれば払い損はしたくない!」と考えている方もいらっしゃるでしょう。そんな方に検討して頂きたいのが、貯蓄タイプの保険です。
■貯蓄タイプはどんな保険?
貯蓄タイプのメリットは、支払った保険料が戻ってくるという点です。
保険を利用しなかった場合、全額戻ってくる商品もあれば、支払った保険料の一部が戻ってくる商品もあります。
また、保険事故が発生した場合には、きちんと保障を受けることができます。ただ、なかには年金保険の様に単純な貯蓄機能のみで、保障としては特段付いていない商品もありますのでご注意ください。
反対にデメリットは、保険料の高さです。
同じ保障内容の掛け捨てタイプと比較すると、保険料がかなり割高となっています。もちろん、「後で戻ってくるから気にしない!」という方には問題ありませんが、毎月支払う保険料にも上限がありますよね。
よって、必要な保障を全て貯蓄タイプで備えるのは、現実的に難しいかもしれません。
■最後に
FPの仕事をしていると、生命保険に関するご相談を受けることが多いです。
そもそも、保険に限らず金融商品は目に見える商品ではありません。
資産価値が時価で評価される投資商品であれば、購入時と比較して損が出ているのか?利益が出ているのか?をすぐ判断することができます。
しかし保険の場合、保険商品を利用する(=保障を受ける)のは加入して時間が経ってからになることが一般的です。そのため、「本当に加入している保険が自分に適しているのか?」と、不安になる気持ちもわかります。
どちらか一方を選択するのではなく、掛け捨てタイプと貯蓄タイプをうまく使い分けることが望ましいように思いますが、どの部分をどちらのタイプで備えるのか?は、皆様の収支バランス等で異なります。
掛け捨てタイプと貯蓄タイプの最適なバランスを、一度FPに相談してみてはいかがでしょうか?
ブロードマインド株式会社
執筆者:平原 直樹
財産形成や退職金運用といったお金の殖やし方を多くの方に伝えるべく、日本全国で年間100件を超えるセミナーを開催。最近では、高齢者の財産管理手法として、家族信託を広めるべく活動中。

■保有資格
・IFA(証券外務員一種)
・TLC(生命保険協会認定FP)
・2級FP技能士
・家族信託コーディネーター
・旅行業務取扱主任者

■得意分野
資産運用、ライフプラン、保険全般、住宅ローン、相続、家族信託

■実績
マネーセミナー:年間100回以上開催
  • この記事が参考になったら
    いいね! してね

ライフプラン・家計の見直し・資産形成まで・・・

Sodanの専門家(FP)に相談してみませんか?×

ライフプラン・家計の見直し・資産形成まで・・・あなたに合った解決策をご提案します。

「お金の専門家」に無料相談― ファイナンシャルプランナー(FP)に無料相談 ―
インターネット上で相談

お金の専門家であるファイナンシャルプランナー(FP)に、インターネット上で相談可能なTalkRoomをご用意しています。

対面で(直接会って)相談

対面相談とは

ファイナンシャルプランナー(FP)と直接会ってご相談いただけます。まずは郵便番号を入力し、相談場所を確認してみましょう。

専門家一覧を見る
初めての方へ 「Sodan」ってどういうサイトなの?