初めての一人暮らし!家賃の目安は?費用はどう準備する?

2018.05.11
社会人になって数年経ち仕事が落ち着いてきたタイミングや、近場での勤務地異動や転職などのタイミングで、「通勤時間がもったいないから」「自立した生活を送りたいから」「心機一転!」などの理由により、一人暮らしを検討される方もいらっしゃいますよね。そんな今回は、これから一人暮らしをする予定の方々のために、家賃の目安やかかる費用の捻出方法について解説いたします。
■家賃の目安はどう考える?
みなさんが希望される地域や条件によって物件相場は異なりますので、一概にいくらとはお伝えできませんが、一般的には家賃が手取り月収の30%以内に収まるのが理想的です。たとえば、手取り20万円の方の場合は家賃6万円程度、25万円の場合は7万5,000円程度となります。ぜひ、ご自身にとって適正な家賃金額を算出してみてくださいね。
さて、適正な家賃金額がわかったところで、その費用をどのように捻出すれば良いのか?をみていきましょう。
■家賃はどう捻出すれば良いの?
まず、家賃を捻出するにあたって、今までの生活における支出を確認してみましょう。実家へ生活費として入れていたお金や貯蓄、外食費、通信費、趣味などのための娯楽費、保険料など、さまざまな費用があるでしょう。その中で、一人暮らしをするにあたって不要または削減できそうなものはありませんか?たとえば、実家へ入れていた生活費などが、それにあたるかと思います。それらの費用で家賃分をまかなえそうであれば、そちらで問題ないでしょう。
少し心配だな……という場合は、支出の見直しをしてみてくださいね。ご自身の状況によって、常に最適な金額でのやりくりを心がけていただくと、無理なく生活できるかと思います。
その際に、貯金に回す金額を減らしても問題ないの?と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな方は、初めのうちは以前と同じように貯金することが難しいかもしれませんので、無理のない程度で継続することを意識してみてはいかがでしょうか。一人暮らしとなると、実家とは環境が大きく変わってしまいますので、無理のし過ぎで体調を崩してしまっては本末転倒ですからね。
そうはいってもやはり、一人暮らしを始める前にある程度のマネープランを立てておくことが望ましいです。あらかじめ、一人暮らしをしても大丈夫という将来設計が立っていたほうが安心ですよね。その際は、「いつまでに」「どれくらい」など、なるべく具体的な見通しを立てておくことをおすすめします。
いかがでしたでしょうか?職場環境や勤務内容に不満がなく続けていきたいけれど通勤がネックで……という方は、一人暮らしをするのも良い選択肢の一つになるかと思います。また、通勤だけではなく、そもそも職場環境や勤務内容が……という方は思い切って実家近くで転職を考えるのも悪くありません。いずれにせよ、せっかくのこの機会に仕事のことやお金回りのこと、ライフプランなどについて確認してみてはいかがでしょうか。
ブロードマインド株式会社
お金にまつわる学べる情報や雑学を、女性目線でわかりやすくご紹介しています。
今さら聞けないこんなことやあんなこと……少しでもお役に立てたら幸いです。
  • この記事が参考になったら
    いいね! してね
「お金の専門家」に無料相談― ファイナンシャルプランナー(FP)に無料相談 ―
インターネット上で相談

お金の専門家であるファイナンシャルプランナー(FP)に、インターネット上で相談可能なTalkRoomをご用意しています。

対面で(直接会って)相談

対面相談とは

ファイナンシャルプランナー(FP)と直接会ってご相談いただけます。まずは郵便番号を入力し、相談場所を確認してみましょう。

専門家一覧を見る
専門家一覧を見る
専門家一覧を見る
初めての方へ 「Sodan」ってどういうサイトなの?