普通預金に預けっぱなしの人は要注意!物価上昇でお金が減るかも!?

2017.12.22
「資産運用」や「投資」にマイナスイメージをお持ちの方と話をすると、「損をしたくない!」や「リスクが心配……」といった声をよく耳にします。しかし、資産運用をせずにただ貯蓄をしているだけだと、資産が減ってしてしまうリスクがあることをご存知でしょうか?そこで今回は、「物価上昇や税率アップ」と「資産価値の減少」の関係性についてみていきたいと思います。
■日本の物価、今後はどうなる?
「物価上昇や税率アップ」と「資産価値の減少」の関係性についてみていく前に、まずはこれからの日本の物価について考えてみたいと思います。では近い将来、日本の物価は現在と比べてどうなっているのでしょうか?
なかなか思うような成果に繋がっていませんが、日銀は物価を2%上げることを目標としています。つまり、今後日本の物価が上昇する可能性は大いにあるというわけです。なぜこのような施策が講じられているのか?というと、【物価があがる⇒企業の業績が上がる⇒社員の給料があがる⇒(お金に余裕ができることで)さらに物を買うようになる】という景気の好循環を作るためというわけですね。
実際に、物価上昇率2%を達成できるとなると、たとえば現在100円で売っている商品が10年後には122円程度に値上がりすることになります。これが、いわゆる「インフレ」です。
■「物価上昇や税率アップ」と「資産価値の減少」の関係性とは
一方、預金はどうなるのでしょうか?
現在、大手メガバンクの普通預金の金利は0.001%です。仮に100万円預けていても、1年でたったの10円しか利息が付きません。そこから約20%の税金がとられるので、実際に手元に残るのは8円だけです。物価が上がる分、預金金利も上がれば問題ありませんが、金利が変わらないとすると、10年後には80円の利息しかつかないことになりますね。
ここで、物価上昇と預金金利の関係性についてみていきたいと思います。

 現在は10,000個の商品を購入することができますが、10年後には8,197個しか購入できなくなってしまっています……。このことから、物価の上昇に利息が追いつかず、相対的に資産価値が下がってしまっていることがわかりますね。
また、物価上昇だけでなく、税率アップの面も見逃せません。消費税を例に考えてみましょう。10年前は5%でしたが、現在は8%まで引き上がりました。そして、今後は10%になる見込みです。
上記を踏まえて、みなさんが買い物をする時を考えてみましょう。当然ですが、支払額=価格+税金ですよね。ということは増税されると、それに伴い支払額も増えることになります。それにも関わらず、先ほどと同様に、普通預金にお金を預けていても利息は期待できません。つまり、増税分、使えるお金が減ってしまうことになるのです。
このように、物価上昇によって資産価値が目減りしてしまううえに、税率アップによって使えるお金が減ってしまうことを考えると、普通預金に預けているだけでは不十分だということをご理解いただけるのではないでしょうか?
■物価上昇や税率アップにはどう対策するべきなの?
では、物価上昇や税率アップに対して、私たちはどのような対策をするべきなのでしょうか?
それは、適切な「資産運用」を意識するということです。「資産運用」や「投資」というと、「ハイリスク・ハイリターン」をイメージする方がいるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。資産運用の商品には、「ローリスク・ローリターン」、「ミドルリスク・ミドルリターン」など、リスク許容度に応じてさまざまなレベルのものがあります。
短期的に資産を倍にすることを考えるならば、大きなリスクを取る必要がありますが、将来の物価上昇や税率アップに備えることが目的であれば、それほど大きなリスクを取る必要はありません。また、長期的な視点で運用ポリシーを取ることができます。つまり、長期で安定的に殖やしていくことを意識すれば良いというわけですね。
リスク許容度を考えた後は、実際にどんな金融商品を選ぶのか?が大事になります。こちらは、ご家庭の預金額がどれくらいあるのか?や、今後どんな出費が予想されるのか?など、さまざまなことを考えながら選んでいく必要があります。これらを全てご自身で考えるのは簡単ではありませんので、そんな時はぜひファイナンシャルプランナー(FP)に相談してみてくださいね。
Sodan[ソダン]では、FPに無料で相談できるサービスをご用意しておりますのでお気軽にご利用ください!
ブロードマインド株式会社
執筆者:平原 直樹
財産形成や退職金運用といったお金の殖やし方を多くの方に伝えるべく、日本全国で年間100件を超えるセミナーを開催。最近では、高齢者の財産管理手法として、家族信託を広めるべく活動中。

■保有資格
・IFA(証券外務員一種)
・TLC(生命保険協会認定FP)
・2級FP技能士
・家族信託コーディネーター
・旅行業務取扱主任者

■得意分野
資産運用、ライフプラン、保険全般、住宅ローン、相続、家族信託

■実績
マネーセミナー:年間100回以上開催
  • この記事が参考になったら
    いいね! してね
「お金の専門家」に無料相談― ファイナンシャルプランナー(FP)に無料相談 ―
インターネット上で相談

お金の専門家であるファイナンシャルプランナー(FP)に、インターネット上で相談可能なTalkRoomをご用意しています。

対面で(直接会って)相談

対面相談とは

ファイナンシャルプランナー(FP)と直接会ってご相談いただけます。まずは郵便番号を入力し、相談場所を確認してみましょう。

専門家一覧を見る
初めての方へ 「Sodan」ってどういうサイトなの?