40代のつみたてNISA!商品選びはどう考える?

2017.11.29 (更新日:2018.02.05)
結婚して数十年経ってもなお、夫婦共働きというご家庭も珍しくないこのご時勢。ご自身で使えるお金にも余裕がでてきて、投資を検討しようと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな方のために、2018年1月より「つみたてNISA」がスタートするにあたって、40代の方ならではの商品選びのポイントを解説したいと思います。
「そもそも、つみたてNISAってなに?」という方は、以前のコラムでご紹介しているのでコチラからご覧になってみてくださいね。
■40代の私は何をポイントにして考えたら良いの?
まず大前提として、運用によってお金を増やすことを考える場合、短期間ではなく20年間という老後までの時間軸で考えることがポイントになります。それを踏まえて、40代の方がつみたてNISAを検討する場合、商品選びはどう考えると良いのでしょうか?
40代の方にとって、つみたてNISAはまさに「老後のため」の準備となります。運用益が非課税になることも併せて、老後のために積み立てをしていくのであれば、ある程度の運用益を期待しながら積み立てをしていくと良いでしょう。その際に、40代ならではの知見を入れてみても面白いかと思います。
20代の方と比べて、当然ですが40代の方は人生経験も豊富ですよね。せっかく投資をするのであれば、「ご自身が関わったことのある今後伸びそうな国や地域」や「応援したくなるテーマ」など、ご自身の価値観や経験からピンとくる商品があるはずです。
また、日本は今後少子高齢化が進み、さらに厳しい状況になることが予想されますよね。そこで、自分たちの子どもが将来安定した生活を送るために、今後必要とされる企業を応援するべきでは?と感じたとします。
たとえば、つみたてNISAの商品にある鎌倉投信の場合、投資対象選びの基準は「これからの社会に本当に必要とされる会社」となっています。たくさんの人生経験を積んだ40代の方は、こういったものを選択肢に加えても良いかもしれませんね。
なお、ご自身が20代のころと比べて、海外の物価はどうなっているのか?などを比較できるのも40代の方の強みです。特に、留学や海外旅行の経験がある方は、より海外に投資する重要性を実感されるのではないでしょうか。
いかがでしたでしょうか?人生経験を積んで来た40代だからこそ、テーマを決めて投資をされていくことをおすすめします!
ブロードマインド株式会社
執筆者:平原 直樹
財産形成や退職金運用といったお金の殖やし方を多くの方に伝えるべく、日本全国で年間100件を超えるセミナーを開催。最近では、高齢者の財産管理手法として、家族信託を広めるべく活動中。

■保有資格
・IFA(証券外務員一種)
・TLC(生命保険協会認定FP)
・2級FP技能士
・家族信託コーディネーター
・旅行業務取扱主任者

■得意分野
資産運用、ライフプラン、保険全般、住宅ローン、相続、家族信託

■実績
マネーセミナー:年間100回以上開催
  • この記事が参考になったら
    いいね! してね

ライフプラン・家計の見直し・資産形成まで・・・

Sodanの専門家(FP)に相談してみませんか?×

ライフプラン・家計の見直し・資産形成まで・・・あなたに合った解決策をご提案します。