車を買うなら・・・消費税が10%になる前に買うべき?

2018.09.14
消費税10%の増税まで約1年。このタイミングで、自動車購入を検討されている方の悩みごととしては、いつ購入するべきなのか?なのではないでしょうか。増税前に購入するべきなのか・・・ファイナンシャルプランナーの平原直樹(所属:ブロードマインド株式会社)が解説いたします。
■増税による自動車購入への影響とは?
自動車購入は、百万円単位の買い物になることが一般的です。よって、増税の影響も大きくなることが予想されます。では、増税による自動車購入への影響はどのようなものなのでしょうか?
当然ですが、自動車購入時には消費税が発生しますので、消費税が10%となった場合、その分私たち消費者の負担も増えることになります。これは、新車であっても中古車であっても同様です。今回は8%⇒10%と2%の増税になるわけですが、仮に200万円の自動車であれば、増税前と増税後で4万円も金額負担が異なることになります。また、車両本体だけでなく、オプションなども増税の影響を受けることになります。
なお、自動車保険には消費税がかかりませんので、直接的な増税の影響はありません。ただし、車両の修理費などには消費税がかかることを考えると、増税の結果、保険会社の支払いも増えることが予想されます。そのため、自動車保険そのものが値上げとなる可能性があります。
■やっぱり車は増税前に購入するべき?
さて、増税の影響を受けることを考えると、車は増税前に購入するべきなのでしょうか?
前述の通り、自動車は購入金額が大きいので、基本的には増税前に購入したほうが良いと思われます。
たしかに今回、消費税を8%⇒10%に増税する代わりに、自動車取得税が廃止される見込みとなっており、軽自動車は2%、軽自動車以外は3%支払っています。消費税(2%)が上がるのに対し、自動車取得税(軽自動車は2%、軽自動車以外は3%)が廃止になるのであれば、一見すると増税後に自動車を購入したほうがお得に見えますよね。
しかしながら、エコカー減税として、電気自動車やプラグイン・ハイブリッド車は、すでに自動車取得税が非課税となっております。また、ガソリン車でも、燃費基準によって減税されている状況です。
なお、自動車取得税が廃止される一方で、燃費基準の達成度に応じて、購入年の自動車税または軽自動車税に最大で3%程度の税率を上乗せする計画もあるようです。
こうしたことから、今回の増税でも多くの駆け込み需要が生まれることが予想されます。
■増税前に購入する場合、何に気をつけるべき?
さて、増税前に自動車購入する場合、購入時期に気をつける必要があります。と言うのも、増税の対象となるか否かは、購入日ではなく陸運局にナンバー登録された日で判断されるからです。そのため、購入日が2019年9月中だったとしても、人気の車種で納車が遅れるなどした場合は増税の対象となってしまう恐れもあるのです。
駆け込み需要が大きいと、通常以上に手続きに時間がかかる可能性もありますよね。よって、近いうちに自動車購入を検討されている方は、お早めにディーラーに相談することをおすすめします。
いかがでしたでしょうか?せっかくならば増税前に購入してしまいたいところですが、手続きの都合などで間に合わない場合は、あえて増税後に購入するのも一つの手かもしれません。駆け込み需要の反動でお客さんが少なければ、その分値引き交渉に乗ってくれる可能性もありますからね。
また、いっそのこと自動車の購入自体を諦めることを検討してみても良いかもしれません。都市部にお住まいの方など、毎日車を使うわけではない方であれば、必要な時だけカーシェアやレンタカーにするという選択肢もあります。
都市部に住んでいる方にとって、必ずしも必要なわけではないけれど、あると便利な自動車。本当に必要なのか?も含めて、ご自身にとってベストな判断をしてくださいね!
ブロードマインド株式会社
執筆者:平原 直樹
財産形成や退職金運用といったお金の殖やし方を多くの方に伝えるべく、日本全国で年間100件を超えるセミナーを開催。最近では、高齢者の財産管理手法として、家族信託を広めるべく活動中。

■保有資格
・IFA(証券外務員一種)
・TLC(生命保険協会認定FP)
・2級FP技能士
・家族信託コーディネーター
・旅行業務取扱主任者

■得意分野
資産運用、ライフプラン、保険全般、住宅ローン、相続、家族信託

■実績
マネーセミナー:年間100回以上開催
  • この記事が参考になったら
    いいね! してね
「お金の専門家」に無料相談― ファイナンシャルプランナー(FP)に無料相談 ―
インターネット上で相談

お金の専門家であるファイナンシャルプランナー(FP)に、インターネット上で相談可能なTalkRoomをご用意しています。

対面で(直接会って)相談

対面相談とは

ファイナンシャルプランナー(FP)と直接会ってご相談いただけます。まずは郵便番号を入力し、相談場所を確認してみましょう。

専門家一覧を見る
初めての方へ 「Sodan」ってどういうサイトなの?