消費税10%になるまであと1年。マイホームは増税前に購入すべき?

2018.08.24
人生で一番高い買い物と言われる通り、住宅購入には多額のお金がかかります。そのため、少しでもコストを抑えて購入したい!とお考えの方も少なくないでしょう。2019年10月に消費税が10%まで引き上げられようとしていますが、住宅は増税前に購入しておくべきなのでしょうか?今回は、ファイナンシャルプランナーの平原直樹(所属:ブロードマインド株式会社)が解説したいと思います。
■消費税の増税は住宅購入に影響するの?
消費税の増税による住宅購入への影響については、どんな物件の購入を検討しているのか?によっても異なります。では、以下で詳しくみていきましょう。
【中古物件の場合】
まず、中古物件の購入を検討しているケースについてです。売主が「個人」の場合は、仲介してもらった不動産会社への仲介手数料などには消費税がかかるものの、物件そのものに対しては消費税がかかりません。よって、増税による影響を考える必要はそれほどないでしょう。
ただし、購入した中古物件をリノベーションする場合は、工事費に対して消費税が発生しますし、売主が個人ではなく「不動産業者」などの場合は、物件そのものに消費税が発生しますのでご注意ください。
【新築物件の場合】
次に、新築物件の購入を検討しているケースについてです。新築の場合は、消費税の増税による影響をもろに受けることになりますが、どんな物件をどこで買うかで影響度合いに大きな差が出ます。
というのも、住宅とは土地+建物を意味しますが、そもそも土地は消費税の対象とはならないためです。そのため、土地の割合が大きい一戸建てと、土地の割合が少ないマンションとでは影響が違うというわけですね。同様に、土地の価格が高い都市部と、土地の価格が安い地方とでも消費税の増税による影響は異なります。
上記のことから、多かれ少なかれ増税による影響を受けるケースが多いということがいえそうですね。
■増税前の駆け込み購入は本当にお得なの?
では、増税前にマイホームを駆け込み購入したほうがお得なのでしょうか?
前回の増税時(5%→8%)はどうだったのかというと、増税後の需要減を避けるため、住宅購入の大きなインセンティブとなる住宅ローン控除が拡充されました。
ところが今回は、増税前でも後でも、住宅ローン控除の額は最大400万円(40万円×10年)と、現状とは変わりがないようです。これだと、増税前に購入したほうがお得であるように見えますよね。
しかし、必ずしも駆け込み購入がお得とは言えません。というのも、増税前に大きな駆け込み需要があった場合、不動産業者は強気な価格設定をすることになるでしょう。一方、増税後には、その反動で住宅価格自体が大きく下落する可能性があります。当然ですが、新築の住宅価格の上下は中古物件の価格にも影響しますので、そもそも増税の影響を受けない「個人」が売り主の中古物件などは、増税後に購入したほうがお得かもしれないというわけです。
また、2020年のオリンピックを過ぎると、住宅価格が下がる可能性もあります。実際に、過去にオリンピックを開催した国々では、開催前の積極的な設備投資などの反動で開催後には景気が後退していることが珍しくありません。当然、不動産の価格は景気とも連動しますので、もう数年待ってから購入したほうが結果的に安く購入できる可能性もあるのです。
結局のところ、増税前と後のどちらで住宅購入するべきなのか?がわからなくなってきますよね。正直なところ、FPの見解としては、損得よりもご家庭に合ったタイミングで購入するのが良いと考えています。ご家庭に合ったタイミングというのは、手ごろな予算の物件が見つかったタイミングかもしれませんし、お子さまの学区内で条件に合う物件が見つかったタイミングかもしれません。わが家の場合、無理のない予算はいくらくらいなのか?を事前に確認したうえで、不動産の購入はタイミングが大事ですので、損得だけを考えずに物件探しをされてみてはいかがでしょうか?
最後に・・・このコラムを読んで消費税が8%のうちに住宅購入したいと思われた方は、基本的には住宅の引き渡しが2019年9月30日までに完了している必要があります。期限を過ぎてしまわぬようご注意ください!ただし、購入した住宅が注文住宅の場合は、2019年3月3日までに請負契約が終わっていれば、引き渡しが2019年10月以降になっても消費税は8%のままとなります。
ブロードマインド株式会社
執筆者:平原 直樹
財産形成や退職金運用といったお金の殖やし方を多くの方に伝えるべく、日本全国で年間100件を超えるセミナーを開催。最近では、高齢者の財産管理手法として、家族信託を広めるべく活動中。

■保有資格
・IFA(証券外務員一種)
・TLC(生命保険協会認定FP)
・2級FP技能士
・家族信託コーディネーター
・旅行業務取扱主任者

■得意分野
資産運用、ライフプラン、保険全般、住宅ローン、相続、家族信託

■実績
マネーセミナー:年間100回以上開催
  • この記事が参考になったら
    いいね! してね
「お金の専門家」に無料相談― ファイナンシャルプランナー(FP)に無料相談 ―
インターネット上で相談

お金の専門家であるファイナンシャルプランナー(FP)に、インターネット上で相談可能なTalkRoomをご用意しています。

対面で(直接会って)相談

対面相談とは

ファイナンシャルプランナー(FP)と直接会ってご相談いただけます。まずは郵便番号を入力し、相談場所を確認してみましょう。

専門家一覧を見る
初めての方へ 「Sodan」ってどういうサイトなの?