中学受験するまでにかかる費用は約250万円!!

2016.05.26
子どもがやっと小学生に!まだまだ先だけど、できれば子どもを私立中学校に通わせたい!でも、中学受験するにあたって何にいくらくらいかかるのかしら……と思っているママさんも少なくないかと思います。今回は、そんなママさんの知りたい!にお答えするコラムです。
■中学受験をする場合にかかる費用
まず、中学受験をするために何が必要だと思いますか?

多くの親御さんは、子どもを塾へ通わせることを想像するかと思います。だいたい、小学校三年生の終わり~四年生のはじめ頃にかけて入塾し、受験勉強をスタートさせるご家庭が多いようです。では、中学受験を目的とした進学塾は、いったいいくらくらいかかるのでしょうか?

小学校四年生~六年生までの約3年間で、入学金、月謝、教材費、夏季・冬季講習などを含め、およそ200万円以上かかるといわれています。有名進学塾の場合、四年生で約50万円、五年生だと60万円~80万円、六年生では100万円以上、というのが平均的な授業料となっています。「え!こんなにかかるの!?」と思われる方もいらっしゃるかと思います。そんな方は、大手の進学塾に通えば必ず希望する私立中学校に通えるというものではありませんので、中小進学塾なども視野に入れてみてくださいね。中小進学塾であれば、200万円以内に抑えることも可能でしょう。

また、夏季・冬季講習などに加えて直前講習や模試など、別途費用がかかるものは申込みをしないようにするなどで、さらなるコストダウンを図ることも可能です。とはいえ合格するために何より大事なのは、塾のブランドでも金額でもなく、お子さまに合った勉強法であることや授業の雰囲気(大人数・少人数・個別など)、本人のやる気だと思います。まずは、色んな進学塾へ体験入学させてみて、そのうえで進学塾の規模や金額などを考慮してみてはいかがでしょうか。
■私立中学の受験料は?
また、いよいよ受験!となると、今度は受験料がかかります。私立中学校の受験料は、1校あたり平均2万円~3万円といわれておりますので、複数校受ける場合は10万円程かかることもあり得ます。このことから、「塾代」が200万円以上、「受験料」が約10万円となると、最低でも250万円前後は中学受験の費用として準備する必要があると思っておくと良いかと思います。
■私立中学入学時に必要なお金
お子さまの頑張りが実り、無事に志望する私立中学校へ合格!となった場合、喜びもつかの間、今度は入学に費用がかかることを忘れてはいけません。都内の場合、私立中学校への入学金の平均は約25万円という統計が出ています。一番高いところでは、40万円以上かかるところもあります。全国的には、だいたい20万円~30万円を入学費用として考えていただければ良いでしょう。

また、学校の維持のためにかかる「施設費」が約4万円、「その他(制服・教材費など)」が約18万円など……授業料や初年度納付金の他に入学時に学校へ納付する費用はたくさんあります。 参考:都庁ウェブサイト「平成28年度 都内私立中学校の学費の状況」より

上記以外にも、通学に必要なものを揃えなくてはならなくなり、思わぬ大きな出費となることがあります。最後に、その中学受験費用の備え方についてご紹介します。
■中学受験費用の備え方
現代の日本では、お子さんを授かった段階で教育費のことを考える親御さんがとても多いと言われています。実際にFPとして相談を受けるなかで、「子どもが生まれるため、学資保険を比較検討したい」「子どもが生まれたので、教育資金をどうしたら良いかアドバイスがほしい」というご相談を多くいただきます。その度に、実に頼もしいパパさんママさんたちで、お子さまは幸せ者だなと思います。そして、その都度それぞれのご家庭にあったアドバイスをさせていただいておりますが、お子さまの進路などは生まれたばかりの時はわからないものですよね。そこで、どんな場合にも対応できる備えがあると一番良いですよ!というアドバイスをさせていただくこともしばしばありますので、以下でみなさんにもご紹介いたします。

備え方①)毎月・毎年、決まった金額を貯める


今回算出したように、中学受験・入学に必要な金額がわかっていれば、目標金額も定められると思います。これには、教育費用の口座をつくり手動で貯めていく方法と、銀行の「自動積立預金」という方法もあります。必要な時にいつでも引き出せるというメリットがありますが、低金利によりあまり増えていかない、というデメリットがあります。

備え方②)運用して増やす


運用して増やす場合、「投資信託での積み立て」と「学資保険に加入」の2通りがあります。「投資信託」は、指定した銀行口座から自動で積み立てを行いプロが運用するため手間がかかりません。元本割れのリスク、取引手数料の負担、利益によっては課税対象になるなどのデメリットがあります。

なお、投資といえば、2016年4月よりスタートした「ジュニアNISA」。「聞いたことあるけれど備えとしてはどうなんだろう?」という方も少ないと思います。「ジュニアNISA」は名義人を子どもの名前にすることができ、年間投資金額が80万円以内であれば非課税であることから、教育資金への運用として知名度が上がってきています。しかしながら、18歳まで出金ができないため、大学受験などには向いていますが中学受験向きではありません。

次に、「学資保険」は自動引き落としで手間がない、設定した時期に受け取りが可能、契約者死亡時に保険料の支払免除などのメリットがあります。特約や条件などでは、元本割れや課税対象になったりすることがデメリットとしてあげられます。

いかがでしたでしょうか?貯蓄、運用、貯蓄と運用を合わせた方法など、色んな備え方があります。ご家庭に合った備え方で、お子さまをサポートできることが一番だと思います。まずは、しっかりとした「備え方の方針」を決めておくことが大事ですね。
ブロードマインド株式会社
執筆者:飯塚 由衣
お金にまつわる学べる情報や雑学を、女性目線でわかりやすくご紹介しています。
今さら聞けないこんなことやあんなこと……少しでもお役に立てたら幸いです。

■保有資格
シニアライフコンサルタント

■得意分野
ライフプラン、家計管理
  • この記事が参考になったら
    いいね! してね