学資保険の選び方。2つのポイントをFPが解説!

2018.09.03
お子さまが誕生したタイミングで、保険の見直しをされる方も少なくないですよね。そんな中、子どもの将来のために、学資保険への加入を検討される方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、ファイナンシャルプランナーの小林 友香(所属:ブロードマインド株式会社)が学資保険の選び方について解説いたします。
■そもそも、学資保険ってどんなもの?
学資保険とは、契約時に決めた期間まで保険会社でお金を貯めて、期間が満了したとき(満期)にお金を受け取ることができる金融商品のことです。教育資金の準備を始めるにあたって真っ先に思い浮かぶくらい、教育資金の貯蓄方法として適しています。
学資保険の大きな特徴としては、「保障がつく貯蓄」という点にあります。ここでいう保障とは、契約者である親御さまに万が一のことがあった場合に、保険会社が代わりに積み立ててくれるといったものです。普通預金で貯蓄していても、親御さまに万が一のことがあった際に、保険会社が代わりに積み立ててくれることはありません。よって、「何があっても子どもの教育資金だけは残してあげたい」という親御さまにはぴったりな積み立て方法と言えます。
ただし、学資保険にもデメリットがあります。それは、決められた期間まで貯蓄することが前提となりますので、途中で解約する場合、今まで払っていた金額の満額は戻らず元本割れしてしまうケースがあるということです。そのため、満期まで払い続けられる金額の範囲で契約する必要があります。
■学資保険の加入前に・・・教育プランを考えよう!
学資保険に加入する前に、まずはお子さまの教育プランを考える必要があります。というのも、たとえば「高校から海外留学を経験させたい!」「大学は医学部に入れて手に職を・・・」「女の子だから音大に進学してほしい!」など、お子さまへ期待するものなどによってご家庭ごとに教育プランが異なり、お子さまが何歳になるまでにいくら貯蓄したいのか?という目標も変わってくるからです。
つまり、教育プランを固めることによって、
①いつまでに貯めれば良いのか?
②トータルでいくら貯めたいのか?
が明確になり、どのような学資保険を選べば良いかがわかりやすくなるというわけです。
■学資保険選びのポイントは2つ!
さて、一口に学資保険といってもさまざまあるわけですが、実際に選ぶ際のポイントは以下の2つです。
①返戻率
②払込期間
まずは、返戻率の高いところから確認するようにしましょう。返戻率とは、支払った保険料の総額に対して、満期でいくら受け取れるのか?を表す戻り率のことです。
たとえば、毎月1万円を18年間積み立てた場合を考えてみましょう。支払った保険料の総額は、1万円×12ヵ月×18年=216万円になります。では、実際に受け取れる金額はいくらかというと、返戻率103%の場合は216万円×103%=約223万円、返戻率106%の場合は216万円×106%=約229万円となります。このことから、返戻率が高ければ高いほど、満期に受け取れる金額が増えるということがわかります。
また、別の観点からも返戻率をしっかりと確認する必要があるといえます。というのも、最近の学資保険では返戻率が100%を下回る商品も少なくないからです。100%を下回るということは、最終的に受け取れるお金よりも支払った保険料の総額のほうが上回ってしまうということです。これでは、いくら保障がついているとはいえ、加入すべきか考えてしまいますよね。よって、トータルでいくら支払って、満期にいくら受け取れるのかを踏まえたうえで、学資保険を選ぶ必要があります。
ただし、返戻率の高さだけで選ぶのは注意が必要です。というのも、返戻率が高く設定されているもののなかには、5年や10年と、払込期間が非常に短く設定されているものもあるためです。
たとえば、同じ300万円を貯めるにあたって、以下のような会社があったとします。
A社・・・払込期間:15年、返戻率:104%
B社・・・払込期間:10年、返戻率:105%
一見するとB社のほうが良さそうに見えますが、月々の負担で見てみると、A社は1.5万円/月、B社は2.4万円/月となります。なお、貯める金額が多くなればなるほど、それだけ月々の負担は大きくなります。
以上のことから、「わが家の場合は、どのような貯め方であれば続けていけるのか?」という観点を最優先のうえ、学資保険を選んでみてください!そうは言っても、どのように選べば良いかわからない・・・という方は、一度お金のプロであるファイナンシャルプランナーに相談してみてはいかがでしょうか?
ブロードマインド株式会社
高い専門性をもつお金のプロ。
家計の見直しや保険の選び方、住宅ローン、資産運用など、あらゆるお金の悩みをワンストップで解決いたします!
  • この記事が参考になったら
    いいね! してね
「お金の専門家」に無料相談― ファイナンシャルプランナー(FP)に無料相談 ―
インターネット上で相談

お金の専門家であるファイナンシャルプランナー(FP)に、インターネット上で相談可能なTalkRoomをご用意しています。

対面で(直接会って)相談

対面相談とは

ファイナンシャルプランナー(FP)と直接会ってご相談いただけます。まずは郵便番号を入力し、相談場所を確認してみましょう。

専門家一覧を見る
初めての方へ 「Sodan」ってどういうサイトなの?