退職後も働く場合のお得な給付金制度について学ぼう!

2019.06.07 (更新日:2019.06.07)
人生100年時代といわれ、定年後も再雇用や別の会社で働く高齢者の方が多くいらっしゃいます。年金だけでは老後生活に不安がある中、定年後の働き方をどうすればよいのか心配される方も多いのではないでしょうか。今回はファイナンシャルプランナーの坂本卓也(所属:ブロードマインド株式会社)が退職後の働き方に関する給付金制度について解説いたします。
■定年後の働き方に関する各種給付金制度
定年後の働き方として、長年勤めた職場に再雇用で働くケースや、少し休んで別の会社で働くケースなど、さまざまな働き方があります。定年後の休職期間や働き方によって受けられる給付金は異なることはご存知でしょうか。以下3つの給付金のいずれか、もしくはいくつかの給付金を組み合わせて受け取ることができます。
①基本手当(失業手当)
退職後にハローワークで求職活動を行っている場合、以下の条件を満たせば退職前の賃金日額(離職した日の直前の6か月に毎月支払われた賃金(賞与は除く)の合計÷180)の45~80%の給付金を90日~150日分受け取ることができます。
[受給要件]
1.ハローワークで求職の申し込みを行い、就職する意思・能力があるにもかかわらず就職につくことのできない「失業の状態」にあること
2.退職以前2年間に、被保険者期間が通算12か月以上あること
②高年齢雇用継続基本給付金
基本手当を受給しておらず、60歳時点の賃金と比較して60歳以降の賃金が75%未満となっている方は、以下2つの要件を満たす場合に受給可能となります。
[受給要件]
1.60歳以上65歳未満の一般被保険者であること(雇用保険適用被保険者)
2.雇用保険の被保険者であった期間が5年以上あること
支給額は賃金低下率により異なります。例えば60歳時の賃金月額が30万円で、退職後の賃金月額が18万円(60歳時の60%)だった場合の支給額は、下表の通り、18万円×15%=27,000円となります。
③高年齢再就職給付金
定年退職後に再就職し、以下の条件を満たす場合には「高年齢雇用継続基本給付金」と同様の金額が1年間受給可能となります。
[受給要件]
1.60歳以上65歳未満で再就職した一般被保険者であること
2.1年を超えて引き続き雇用されることが確実であると認められる安定した職業に就いたこと
3.再就職する前に雇用保険の基本手当(失業手当)の支給を受け、その受給期間内(150日)に再就職し、かつ支給残日数が100日以上あること
4.直前の離職時において、被保険者であった期間が通算で5年以上あること
5.再就職する前に再就職手当を受給していないこと
■実際の給付金の受給事例をみてみよう!
では前述の3つの給付金をもとに、以下のケースでそれぞれどの給付金を受けることができるのかみてみましょう。
[ケース①:退職後そのまま同じ会社で再雇用]
退職後に基本手当などを受けずに同じ会社で再雇用として働き、賃金が定年前の75%未満の場合、「高年齢雇用継続基本給付金」を65歳まで受給できます。
[ケース②:退職後しばらく休み、同じ会社もしくは別の会社で再雇用(基本手当をもらわない)]
退職後に基本手当を受けていなければ、ケース①と同様に「高年齢雇用継続基本給付金」を65歳まで受給できます。
[ケース③:退職後、基本手当を受け取り、支給残日数を100日以上残して再雇用]
再雇用された日の前日までの「基本手当」ならびに、再雇用後の「高年齢再就職給付金」を1年分受給できます。
[ケース④:退職後、基本手当を満額(150日)受け取って再雇用]
「高年齢再就職給付金」は、基本手当の支給残日数が100日以上なければ受給できません。そのためこのケースでは、基本手当150日分の受給のみとなります。給付金額は60歳時点の賃金、再雇用時の賃金低下率などによって異なるため、一概にどのケースが最も給付金を受け取れるかということはいえません。
しかし、再雇用として働いた場合に60歳時点に比べて大きく賃金が下がりそうという場合には、仮にしばらく休んで再就職をするとしても、基本手当を受け取らずに「高年齢雇用継続基本給付金」を受け取った方が、多くの給付金を受け取ることができる可能性もあります。
いかがでしたでしょうか?定年後の働き方を考える際には、まずは各給付金の制度を確認しましょう。そして、どの給付金が受給できるかなども含めて、会社の人事担当者やハローワークに相談のうえ、ご自身に合った働き方を検討していきましょう。
ブロードマインド株式会社
執筆者:坂本 卓也
新婚世帯や子育て世帯へ向けたマネーセミナー講師として活動。社会保障や金融商品、ニュースでよく聞く言葉など、皆さまの疑問を解決し、生活に役立てていただけるような情報を発信します。

■保有資格
・TLC(生命保険協会認定FP)
・2級FP技能士

■得意分野
資産運用、ライフプラン、保険全般、住宅ローン

■実績
マネーセミナー:年間50回以上開催
  • この記事が参考になったら
    いいね! してね