老後は年金だけで暮らせるもの?年金事情を確認してみよう!

2019.04.15 (更新日:2019.04.15)
老後の収入といえば、多くの方が「年金」を思い浮かべるでしょう。そんななか、「老後は年金だけで暮らせるものなの?」と疑問をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか?その疑問にお答えするべく、今回はファイナンシャルプランナーの平原直樹(所属:ブロードマインド株式会社)が、実際のデータからみる年金事情について解説いたします。
■そもそも年金加入者の内訳はどうなっているの?
厚生労働省年金局の調べ(平成29年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況)によると、直近5年の公的年金加入者数(被保険者数)は以下の通りです。
平成25年度:6,718万人
平成26年度:6,713万人
平成27年度:6,712万人
平成28年度:6,731万人
平成29年度:6,733万人
さて、公的年金には厚生年金と国民年金とがありますが、その内訳はどのようになっているのでしょうか?平成25年度と平成29年度で、それぞれ確認してみたいと思います。
平成25年度は公的年金被保険者全体で6,718万人いるのに対し、国民年金のみ加入している人は第一号被保険者で1,805万人(約26.9%)、第三号被保険者で945万人(約14.1%)でした。一方、厚生年金に加入している人は3,966万人約59.0%)でした。
平成29年度は公的年金被保険者全体で6,733万人いるのに対し国民年金のみ加入している人は第一号被保険者で1,505万人(約22.4%)、第三号被保険者で870万人(12.9%)でした。一方、厚生年金に加入している人は4,358万人(約64.7%)でした。
このことから、国民年金のみ加入している人(第一号被保険者、第三号被保険者)は減少傾向にあるといえます。その背景には、共働き世帯の増加や自営業者ではなく会社員や公務員で働く人の増加があるのかもしれませんね。
次では、実際に厚生年金に加入している人はどれくらいの金額を受け取っているのかについて確認したいと思います。
■厚生年金があれば老後は生活できるもの?
さて、現役時代に厚生年金に加入していれば、老後は年金だけで生活できるものなのでしょうか?先ほどと同様に、平成25年と平成29年それぞれの実際の受給額を確認してみましょう。
まず、平成25年度の厚生年金受給者(※1)の平均受給額は148,409円/月となっています。65歳以上の満額受給権者の男女別(※2)でみると、男性:183,155円/月、女性:109,314円/月となっています。次に、平成29年度に関してですが、厚生年金受給者の平均受給額(※1)は147,051円/月です。65歳以上の満額受給権者(※2)の男女別でみると、男性:174,535円/月、女性:108,776円/月となっています。
――――――――――
(※1)データ上、厚生年金受給者のうち会社員の方のみの平均額となっているため、公務員の方のみで算出した場合はもう少し金額が高くなります。
(※2)受給権者=年金を受給する権利を持つ人で算出されているため、実際の受給者のみで算出した場合はもう少し金額が高くなります。
このことから、年金受給額はここ5年で減っていることがわかります。こうしたことからも、年金だけを頼りにせずにご自身の老後費用を準備しておく必要があるといえそうですね。なお、上記の金額には国民年金(基礎年金)部分も含まれています。別途、追加で国民年金が出るわけではありませんのでご注意ください。
いかがでしたでしょうか?マイナス金利の現在では、普通に貯蓄をしていてもお金は殖えてくれません。効率的に老後資金の準備をしたいという方は、この機会に資産運用を検討してみてはいかがでしょうか。
ブロードマインド株式会社
執筆者:平原 直樹
財産形成や退職金運用といったお金の殖やし方を多くの方に伝えるべく、日本全国で年間100件を超えるセミナーを開催。最近では、高齢者の財産管理手法として、家族信託を広めるべく活動中。

■保有資格
・IFA(証券外務員一種)
・TLC(生命保険協会認定FP)
・2級FP技能士
・家族信託コーディネーター
・旅行業務取扱主任者

■得意分野
資産運用、ライフプラン、保険全般、住宅ローン、相続、家族信託

■実績
マネーセミナー:年間100回以上開催
  • この記事が参考になったら
    いいね! してね