成年後見制度の後見人。その役割と具体的な業務内容とは?

2018.11.16 (更新日:2018.12.19)
認知症になった際の財産管理対策の1つである「成年後見制度」。いざ自分がご両親や親しい知人の後見人となった場合、一体どんなことをする必要があるのか気になりますよね。今回は、ファイナンシャルプランナーの平原直樹(所属:ブロードマインド株式会社)が後見人の役割と具体的な業務内容について解説いたします。
■後見人の役割と業務内容とは?
後見人の主な役割は、大きく分けて「財産管理」と「身上監護」の2つがあります。以下で、それぞれの具体的な業務内容について確認していきたいと思います。
【1】財産管理
・金融機関での手続き
・通帳や印鑑の管理
・不動産(自宅や収益用不動産)などの管理
・収支状況の管理
・遺産分割協議への参加
後見人は、被後見人に代わって預金の引き出しや解約手続きなどを行います。たとえば、被後見人が複数銀行口座を保有していた場合に口座を1つにまとめたり、現金払いから口座引き落としへ変更したりといったイメージですね。
また、認知症を発症した被後見人が訪問販売などの被害に遭う恐れもありますよね。仮に「被後見人が訪問販売などで高額な商品を買わされた!」ということが発生した場合、後見人には契約そのものを解除することのできる取消権があり、クーリングオフの期間などには縛られず行使することが可能です。
※取消権は法定後見人のみで、任意後見人は対象外となります。
【2】身上監護
・病院への入院手続きや医療費の支払い
・介護サービスの手続きやその支払い
・介護施設への入所手続きやその支払い
・生活品の手配や公共料金の支払い
・住居の確保(固定資産税の支払いや家賃の支払い)
後見人は、病院や介護施設へ入る場合の手続きやその支払いなどを行います。実際に介護サービスを受ける場合は、介護保険の手続きなども行います。また、被後見人が将来戻る家を残しておくために、介護施設に入所したとしても、家賃や自宅の固定資産税の支払いなどをしておくことも後見人の重要な業務です。
ちなみに、医療行為の判断(手術を受けるか否か等)や、直接的な医療行為や介護行為は後見人の範囲外です。とはいえ、車椅子を押したりすることすら禁じられているということではなく、あくまでも病院や介護施設に対する手続きやその支払いをすることが主たる業務となるため、医療や介護の実務は専門としている人に任せなさいということです。
なお、仮に被後見人が介護施設に入ることになった場合、後見人だからといって「身元保証人(身元引受人)」になる必要性はありません。つまり、後見人は「連帯債務者」にはならないということです。そのため、介護施設などから「身元保証人」を求められた場合は、後見人ではなく被後見人の親族などに頼むことになります。ただし、仮に被後見人に頼れる親族がいない場合、後見人は身元保証人なしで入居できるよう施設と交渉するか、身元保証人なしで入居することが可能な施設を探す必要があります。
【こちらのコラムもおすすめ!】
認知症を発症した人の財産を守る!「法定後見制度」ってどんな制度?
認知症になる前の財産管理対策!「任意後見制度」ってどんな制度?
■後見人になったら、どれくらいの頻度で業務が発生するの?
法定後見人に選任された場合、2ヵ月以内を目安に、被後見人の財産目録と年間の収支予測を家庭裁判所へ提出する必要があります。以降は、1年に1回を目安に、家庭裁判所へ被後見人の収支状況の報告をする必要があります。
一方、任意後見制度に関しては、任意後見人が直接家庭裁判所に報告する必要はありません。というのも、この場合は任意後見監督人(後見人がしっかりやっているのかを監督する人)が任意後見人の状況を定期的に家庭裁判所へ報告することになるからです。とはいえ、後見監督人は被後見人の収支状況がわからないと家庭裁判所に報告できませんので、3ヵ月に1回程度、後見人と後見監督人が状況の確認を行うことになります。
いかがでしたでしょうか?後見人となった場合、被後見人の認知症が治るというのは考えにくいため、基本的には被後見人が死亡するまで後見業務は続くと考えておくようにしましょう。
ブロードマインド株式会社
執筆者:平原 直樹
財産形成や退職金運用といったお金の殖やし方を多くの方に伝えるべく、日本全国で年間100件を超えるセミナーを開催。最近では、高齢者の財産管理手法として、家族信託を広めるべく活動中。

■保有資格
・IFA(証券外務員一種)
・TLC(生命保険協会認定FP)
・2級FP技能士
・家族信託コーディネーター
・旅行業務取扱主任者

■得意分野
資産運用、ライフプラン、保険全般、住宅ローン、相続、家族信託

■実績
マネーセミナー:年間100回以上開催
  • この記事が参考になったら
    いいね! してね