雇用形態(派遣・パート),副業

ダブルワークについて

  • 2 投稿
  • 0 コメント
  • 0 私も知りたい
相談番号 0000510107
すいかさん
2017.05.22 10:45

現在、月に5~8万弱のパート勤務をしています。
閑散期である今は収入が少なく
5万程度しかないので
ダブルワークをすることにしたのですが
夜間の仕事は時給が高く先方指定のシフトで
勤務する場合5万強の収入になる予定なので
必然と年間103万を超えてしまいます。

私が扶養から抜けることなく
主人の方の収入面で税金など考慮し
減収とならぬように働くには
どんな働き方を(年収いくらまでに抑えるか)
するのがベストでしょうか。
やはり、103万以下に抑えるしか
ないのでしょうか?

すいかさん
2017.05.22 11:01
主人の手取り額が変わらないのであれば
私の方の多少の税金負担は考えております。
すいかさん

こんにちは。
ご投稿ありがとうございます。

年収103万円を超過した場合は、配偶者控除の適用外となり、旦那様の所得税・住民税が増額となります。
※旦那様の年収水準に応じて変動しますので、最寄りの税務署にてご確認下さい。
年収103万円を超過した場合でも、トータルの手取り金額が増加するケースもございます。

さらに年収130万円を超過した場合は、社会保険の扶養からも外れ、すいか様ご自身で国民健康保険・国民年金保険料を納付する必要がございますので、注意が必要です。
 
まわりにもシェアしよう!
「お金の専門家」に無料相談― ファイナンシャルプランナー(FP)に無料相談 ―
インターネット上で相談

お金の専門家であるファイナンシャルプランナー(FP)に、インターネット上で相談可能なTalkRoomをご用意しています。

対面で(直接会って)相談

対面相談とは

ファイナンシャルプランナー(FP)と直接会ってご相談いただけます。まずは郵便番号を入力し、相談場所を確認してみましょう。

専門家一覧を見る
専門家一覧を見る
専門家一覧を見る
初めての方へ 「Sodan」ってどういうサイトなの?