雇用形態(派遣・パート),副業

106万のパートの働き方・確定申告について

  • 3 投稿
  • 0 コメント
  • 26 私も知りたい
相談番号 0001614028
mamabonさん
2019.01.26 23:29

現在のパート先では106万の壁の条件が適用になり、毎月8万8000円以内で働かないと社会保険に入ってもらうと言われてます。103万の壁が150万に変わり、どのように働いたらいいのか疑問に思い相談させていただきたいです。

Q1.現在のパートを106万以内、副業を24万以内の合計130万以内で働きたいのですが、クラウドワークスなどネットでの仕事(依頼された商品をフリマに出品し、売ることができたら利益が出る)(文字起こしなど指定されたものを入力する)は副業に当てはまりますか?

Q2.雇用保険を結ばなければ内職などの副業をしてもいいと、現在のパート先に言われています。クラウドワークスやランサーズなどのサイトでは、雇用保険は関係ないですか?また、どのような仕事をすると雇用保険を結ぶのでしょうか?単発の派遣とかはどうなのでしょうか?

Q3.130万から、国民保険などを払わなければならないと思いますが、130万以下だったら住民税と所得税だけですか?他に払わないといけないものはありますか?(扶養に入っています)

Q4.副業で20万以内の収入だったら確定申告は必要ないとネットで見ました。これは、扶養に入っている私にも当てはまるのでしょうか?それとも、パートと副業を足して130万以下に抑えることだけを意識したらいいのでしょうか?

Q5.確定申告が必要な場合、クラウドワークスなどでオーナーと直接仕事のやり取りをした場合、源泉徴収はもらえないと思います。その場合はどのように確定申告をするのでしょうか?大体の収入を申告すればいいのでしょうか?お給料は、利益を上げた分だけ直接口座に振り込まれるそうです。

いろいろ質問をして申し訳ないです。
よろしくお願いいたします。

2019.02.04 16:45
mamabonさん

こんにちは。
ご投稿ありがとうございます。

Q1.所得が発生しておりますので、副業に該当するものと思われます

Q2.雇用保険は、1週間に20時間以上就労した場合に加入する義務が発生いたします。
つまり、1週間の就労時間が20時間未満の場合は、加入することが出来ません

Q3.130万円未満であれば、配偶者の扶養に入っておりますので、お支払いが発生するのは
所得税と住民税のみとなります。

Q4.給与および退職金以外の所得で20万円以内であれば、確定申告が不要となります。

Q5.源泉徴収を受領出来ない場合の確定申告の取り扱いにつきましては、
住所地を管轄する税務署にてご確認をお願いいたします。

こちらの回答がご参考になれば幸いです。