雇用形態(派遣・パート)

106万の壁 労働時間週20時間以上について

  • 2 投稿
  • 0 コメント
  • 5 私も知りたい
相談番号 0001596081
mamabonさん
2018.11.01 13:55

106万の壁の条件の一つに
労働時間が週20時間以上というのがありますが、
シフト制で雇用契約では月79時間と明記されています。週単位で計算すると20時間を超える週、超えない週があります。
そして、契約では79時間ですが、実際は86時間の時もあります。

Q1.会社では3ヶ月連続で87時間を超えなければ社会保険に入らなくてもいいと言われていますが、本当ですか?3ヶ月連続87時間という根拠を教えてほしいです。また、87時間以下だと『労働時間が週20時間以上』というのには当てはまらないのですか?

Q2.Q1で『労働時間が週20時間以上』に当てはまらなかった場合、106万の壁自体を気にせず、国民保険に入らないといけない130万まで働いても大丈夫なのですか?(106万のその他の条件には全て当てはまります。)
会社のいう87時間以下で働いて、年末に調整をしなかった場合、交通費・賞与込みでギリギリ130万未満になります。

Q3.106万未満と130万未満で働いた場合とでは、所得税、住民税が違ってくると思います。大まかでいいので、いくらぐらい違うのでしょうか。また、他にかかる税金はありますか?

2018.11.02 18:35
mamabonさん

こんにちは。
ご投稿ありがとうございます。

それぞれのご質問項目について、下記の通り回答いたします。

Q1.について
⇒週ベースで恒常的に20時間以上就労が見込まれた時点で社会保険に加入する必要があると解されます。
Q2.について
⇒週20時間以上に該当しない場合は、130万円まで就労しても問題ございません。
Q3.について
⇒所得税・住民税(合算値)は、おおよそ年間3.6万円程度異なります。
ただし、扶養者や保険加入の有無によっては、その差が狭まることもございます。

こちらの回答がご参考になれば幸いです。