副業
解決しました

Wワークにおける控除と節税について

  • 1 投稿
  • 0 コメント
  • 4 私も知りたい
相談番号 0001526668
パンプキンプリンさん
2018.04.06 13:32

お世話になります。2018年4月より新会社(以降メイン会社)へ転職するとともに、Wワークも始めました。
質問させていただく前に、詳細情報を記載します。(給与は全て額面です)
----------
メイン会社:正社員
月給:36万6千円(固定残業45時間を含むため残業変動なし)
ボーナス:2018年度は冬のみ27万円、2019年以降は夏冬合わせて110万円

副業:パート(給与所得)
月額:7〜8万円

2018年の前社での給与
1月給与:31万円
2月給与:18万円
3月給与:31万円

昨年度年収:441万

既婚、子どもなし、扶養家族なし、賃貸、生命保険年額13万円(個人年金や地震保険無し)
社保は関東ITソフトウェア健康保険組合
主人の年収は500万ほどです。
----------
質問1:2018年と2019年のメイン会社での毎月の控除額をざっくり知りたいです。
質問2:2018年と2019年の副業での毎月の控除額をざっくり知りたいです。
質問3:副業分は別途確定申告する予定ですが、住民税の特別徴収額はいつから変わりますか?
質問4:保険料および各種税金や年金は、それぞれの給与に対してではなく、合算の年収や標準月額報酬から算出されると考えてよろしいでしょうか?
質問5:交通費がメイン会社と副業それぞれ1万円ずつ出ます。(上記の詳細情報には入れておりません)これは課税対象にならないと考えてよろしいでしょうか。
質問6:私の働き方でなにか良い節税の方法はありますか?

多くの質問で恐縮です。
必要な情報に不足があればご指摘ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

パンプキンプリンさん

こんにちは。
ご投稿ありがとうございます。

頂いたご質問について、下記の通り回答いたします。

質問1:メイン会社の控除額ですが、2018年および2019年ともに、月額社会保険料については約5万円弱、所得税については約1万円弱となります。
質問2:副業時の控除額ですが、2018年および2019年ともに乙欄適用の為、月額所得税が2,400円程天引きされます。
質問3:住民税の特別徴収額の変更は、毎年6月より変更となります。
質問4:社会保険料については、メイン会社の標準報酬月額に応じて差し引かれます。
所得税および住民税については合算後の年収により算出します。
質問5:通勤交通費につきましては、課税対象外となります。
質問6:節税方法については、401K(iDeCo)や医療保険、個人年金保険などの加入をお薦めします。

こちらの回答が参考になれば幸いです。
 
「お金の専門家」に無料相談― ファイナンシャルプランナー(FP)に無料相談 ―
インターネット上で相談

お金の専門家であるファイナンシャルプランナー(FP)に、インターネット上で相談可能なTalkRoomをご用意しています。

対面で(直接会って)相談

対面相談とは

ファイナンシャルプランナー(FP)と直接会ってご相談いただけます。まずは郵便番号を入力し、相談場所を確認してみましょう。

専門家一覧を見る
初めての方へ 「Sodan」ってどういうサイトなの?