副業

扶養内のダブルワークについて(130万の壁)

  • 2 投稿
  • 0 コメント
  • 0 私も知りたい
相談番号 0001515069
くまさんさん
2018.03.14 23:27

扶養内のダブルワークについて、よくわからないことがあり、質問させていただきました。

私は失業給付を受けながら、週に10時間、仕事をしておりましたが、この失業給付も、2月末で終了したため、現在、夫の会社の保険加入の申請をしております。

そこで、ダブルワークの仕方についてお聞きしたいのですが、

現在、A社で週に10時間程仕事をしており、年収が80万程になります。
新たにB社で仕事をしようかと考えているのですが、4月からのスタートで、12月の給与を翌年1月の支給とすると、年内の収入が交通費含めて53万程になります。
合算すると、交通費込みで133万の見込みですが、第3号から外れたくないと考えています。



1 ダブルワークの場合、単体で20時間未満、106万未満の場合、106万の壁は気にしなくてよいでしょうか?

2 夫の会社の保険、第3号から外さないためには、A社かB社での収入の調整をして、合算で12万9999円となれば、第3号から外れないという認識で間違っていないでしょうか?

3 仮に130万を肥えてしまった場合、どのタイミングで夫の会社の保険からはずされることになりますか?確定申告をして税金を納める形になるのでしょうか?

4 この130万の壁は、交通費は含む。
12月の給与は翌年払いの場合は、その年の収入にはならない、という認識で間違いないでしょうか?


金額的に微妙なラインでいろいろ質問させていただきましたが、よろしくお願いいたします。

くまさんさん

こんにちは。
ご投稿ありがとうございます。

それぞれのご質問に対して回答いたします。

1.ダブルワークの場合、単体で週の労働時間が20時間未満であれば、106万円の壁は特段気にして頂かなくて問題ございません。

2.年間収入が130万円未満であれば、引き続き第3号被保険者に該当します。
つまり、一月あたり108,333円以下であれば、第3号から外れません。

3.第3号から外れるタイミングですが、一月あたり108,333円を超過した段階で、外れることになります。
外れた際は、ご自身で国民年金および国民健康保険に加入することになります。
お手続きは最寄りの市役所にて行います。

4.130万円の壁は、交通費を含めます。
130万円の計上方法ですが、今後1年間の見込み収入が130万円を超過すると予見された場合に、外れることになります。実際の年間収入で判定する訳ではございません。

以上となります。
こちらの回答が参考になれば幸いです。