ライフプラン,保険,資産運用,税金・節税対策,貯金

離婚歴あり独身37才。保険、貯蓄について。

  • 15 投稿
  • 0 コメント
  • 0 私も知りたい
相談番号 0000088114
よしえさん
2015.06.28 14:05

結婚しているときは自営業だったため心配で保険にたくさん入りました。離婚を期に見直しをしてもらいましたが、充分とのことでした。最近、ゆうちょ銀行でガン保険をすすめられ、必要かなやんでいます。

貯蓄型の保険にふたつ入っていますが、すぐにはもらえず一時金、分割でもらうかえらべるらしいのですが税金等どちらがお得とかあるのでしょうか?

証券会社に口座を開き外国債券、株主優待目的の金額の少ない株をもっています。貯金とのバランスをどの割合にしたらよいか?

独身でいくらの貯金があればよいか目安をしりたいです。
いまは実家暮らしで子供なし、親が年を取ってきたのでこの先が不安です。

よしえさん

こんにちは。
お金の専門家 平原です。

将来の事がご不安と言う事ですね。
一つ一つ回答致します。

まずガン保険ですが、当然加入をした方が安心である事は間違いありません。
とはいえ、貯蓄型保険に2つご加入ずみと言うことなので、ガンになった場合にはそちらを解約して利用する事を検討しても良いかと思います。
加入を検討しているガン保険の支払総額とガンになってしまった場合の受取額とをチェックして頂ければと思います。

2つ目の貯蓄型保険の税務的な取り扱いですが、貯蓄型保険の金額にもよります。
それほど高額でなければ、一時金での受け取りで非課税になる事があります。
税務上一時所得と言う扱いがありますので、一度ご確認ください。

3つ目、4つ目に関しては、貯蓄残高や退職金の有無、働き方、住宅購入の意思等で大きく異なります。
一般論で申し上げますと、今後独身で行かれた場合、退職金と合わせて2000万円を確保するのが一つの目安になるかと思います。
そこを踏まえて、投資商品をどう組み入れていくか?となります。

全てのご質問が大きくライフプランによって答えが変わってきますので、一度対面相談の利用も検討してみてくださいね。