税金・節税対策

副業に対する確定申告と健康保険の扶養について

  • 1 投稿
  • 0 コメント
  • 1 私も知りたい
相談番号 0000486423
みづさん
2017.04.16 00:17

この春から仕事に復帰しましたが、同時に副業も始めました。

本業はパートで、月80000~90000円の収入になる見込みです。
こどもの体調にもよるので、もっと下回る月もあると思います。

副業はクラウドワークスでスカウトして頂き、ライティングの仕事をしています。
こちらの収入の見込みはまだ取れませんが多くても月20000円程度だと思います。

副業の年収が20万円に到達しないとすれば、確定申告の必要性がないと調べたのですが、この副業の年収金額は夫の年末調整の書類にも記載しなくてよいのでしょうか?
(妻の収入を書く欄がありますよね)
それとも本業と副業の合算金額を計算して記載するのでしょうか?

また、健康保険についてですが夫の健康保険の会社から月、約10万8000円を超えた場合適用されないと説明されていますがこれは年間130万円の縛りではなくひと月でも超えたらアウトなのでしょうか。
健康保険会社は妻の収入をどのようにして把握しているのでしょうか?

無知で恥ずかしいですがご教授いただけると幸いです。

みづさん

こんにちは。
ご投稿ありがとうございます。

おっしゃる通り、副業の所得が20万円に達しない場合は、確定申告は不要ですが、ただし旦那様側で年末調整をする際にはみづさんの給与所得と副業である雑所得の金額を合算して、記載する必要があります。

健康保険についてですが、こちらもみづさんのおっしゃる通り、ひと月でも10万8,000円を上回った場合は、健康保険の扶養から外れなければなりません。

ちなみに、みづさんご自身の収入を正確に旦那様の職場を通じて健康保険協会に申告する義務があります。
その申告によってみづさんの収入を把握しています。