税金・節税対策
解決しました

130万の扶養内 ダブルワーク

  • 2 投稿
  • 0 コメント
  • 7 私も知りたい
相談番号 0000406528
yoshiyさん
2016.11.05 15:55

4月よりダブルワークで130万円の社会保険の扶養内で働こうと考えています。

A社が60000円/月、B社が30000円/月の予定です。

他の質問で拝見しましたところ、一社で106万円以上であると社会保険を自分で加入しないといけないとあり、少し混乱したのですが、自分の場合はどうなんでしょうか?

ダブルワークの場合、所得税、市民税は個々の金額で支払う事になるのか、年収で確定申告の時に合算したものから払うのかも知りたいです。

この関係の事には疎く、質問もままならないですが、どうぞよろしくお願い致します。

yoshiyさん

こんにちは。
ご投稿ありがとうございます。

10月より社会保険の適用要件が、下記の通り新たに追加になりました。

以下の「全て」を満たした場合(1社ごと)に新たに加入
・1週間の労働時間が20時間以上
・1カ月の収入が8.8万円以上(年間106万円以上)
・勤務期間が1年以上(見込み)
・従業員数が501名以上

ご質問の内容から、A社での見込み年収が72万円となりますので、今回の追加要件には該当せず、今まで通り配偶者の方の扶養者として、社会保険に加入することが可能です。

また、ダブルワークの際の、所得税・住民税ですが、収入を合算して、ご自身で確定申告をする必要がございます。
確定申告の進め方については、最寄りの税務署へお問い合わせ下さい。

ご参考になれば幸いです。
yoshiyさん
2016.11.09 21:26
返答ありがとうございます。

上記の収入の場合、月々では所得税、住民税は引かれず、確定申告でまとめて引かれるという事でしょうか?

106万円のを超えない場合、所得税、住民税はかからないと言われていますが、それでも確定申告は必要なのでしょうか?
yoshiyさん

こんにちは。
お返事ありがとうございます。

ご質問の件についてですが、
ダブルワークで従事している場合、恐らく1社から所得税が天引きされていると考えられます。
(毎月の給与明細をご確認下さい。)
年間収入が103万円未満であれば、所得税は非課税になります。
その為、給与天引きされた所得税の還付手続である確定申告が必要となります。