ライフプラン
解決しました

定年退職したあとの失業保険はどうなりますか?

  • 7 投稿
  • 0 コメント
  • 1 私も知りたい
相談番号 0001724060
メンタンピンさん
2019.11.18 18:27

サラリーマンをして、40年になりますが幸いなことに失業保険を申請することなく、定年を迎えようとしております
60歳になって定年を迎え、定年延長が認められない場合は請求できるのでしょうか?また延長をし65歳になった場合はどうでしょうか?
失業することなく、他界した場合はどうなるのでしょうか?
失業保険にあまりにも無知な自分に驚きます
よろしくご教授お願いします

2019.11.20 18:45
メンタンピンさん

こんにちは。
ご投稿ありがとうございます。

定年後の失業給付についてですが、失業給付の受給条件として
・定年退職前に雇用保険に12ヶ月(会社都合退職の場合6日月)以上加入している事。
・働きたいと言う積極的な意思がある事。
・肉体的、精神的にいつでも就職できる能力がある事。
・求職活動をしているにもかかわらず再就職できない状態
である事がございます。まず上記に該当されない場合は受給ができませんのでご確認ください。

60歳定年で離職される/65歳で離職される場合でも上記の条件に該当する場合は受給可能です。
手続きについてはご自身の住所を管轄されるハローワークにてお手続きください。
但し、65歳以上での離職の場合は一時金となり、被保険者であった期間が1年未満か、1年以上かで給付金の額が30日分か50日分かになります。

こちらの回答がご参考になれば幸いです。