ライフプラン,貯金,その他

貯金の仕方、老後資金について

  • 1 投稿
  • 0 コメント
  • 9 私も知りたい
相談番号 0001612057
Rioさん
2019.01.27 23:01

お世話になります。
お金の相談をしたくよろしくお願い申し上げます。

年齢
29歳

住まい
今は実家暮らし、いずれは一人暮らしをしたい

雇用形態
正社員

年収
230万円

収入内訳
月収18万円、年1回のボーナス18万円
昇給は不定期で毎年はない。
前回2年前月額1万5千円程度の昇給

退職金について
現在会社に退職金制度なし

ローンの有無
携帯の機種代金が残り2万5千円程度
正社員になる前の国民年金の追納があと2年ほど

車について
1台所有。
主に通勤と買い物に使用で必須アイテム。
新車で購入、5年目。
ローンはなし。

現在の貯金額
5年定期に100万円[先日自動更新]
普通預金に230万円

支出について
家に生活費として駐車場代含め、月に3万5千円
医療保険と生命保険が月に1万千円
携帯代が月に1万円[機種代金を払い終われば月6千円程度]
昼食代が月7,000円
ガソリン代が月に5,000円程度
美容院、ネイル代が月に1万円程度
コンタクト代が月に7,000円程度
雑費や交際費が月に5千円程度
煙草が月に8,000円程度[これは0になる予定]

年1回の支出
自動車税37,000円
自動車保険8万円程度

年2回の出費
車の点検代 2万円程度

2年に1回の支出
車検12万円程度

数年に一度の出費
スタッドレス代10万円程度

20代前半の頃は好きにお金を使っており、
実家暮らしの割に貯金は少ないです。
結婚するかもわかりませんし、
退職金もないため、なるべくたくさん貯金をしたいと思い、
出費を見直した結果が上記の支出です。

コスメ代をかなり下げました。
美容院とネイルは私にとって生きがいのため、
これ以上下げたくありません。

また車が必須の地域のため、
10〜12年程度で買い替えを考えると、
生きている間ににあと3〜4台は必要であり、
維持費や車体費に1000万円近くかかるのではないかと思っています。

今は実家暮らしですが、
いつまでも甘えてはいられない気持ちもあります。

どのように生活していけば、
1人で生きていけて、
老後に周りに迷惑にならないだけの貯金を
確保できるでしょうか?

ネイルと美容院は絶対譲れない!
などと言っている場合ではないでしょうか。

個人年金などはかけていません。
生命保険から30歳になるときに100万円ほど
戻ってきます。
国民年金も追納がまだ残っています。
定期も金利が安いですし、
思い切って解約してネット銀行に変えた方がいいでしょうか?

よろしくお願い申し上げます。

2019.01.31 20:16
Rioさん

こんにちは。
投稿ありがとうございます。

ご年齢や収入状況、車を新車で購入していることを考えると、現状の預貯金は決して少なくはないと思います。
保険も積立型のようですので、特にネイル代や美容代をこれ以上削る必要はないでしょう。

今後のライフプランを考えるうえで、老後までに貯めておくべき金額は、老後に生活費や医療費・介護費から必要な金額から受け取れる年金を差し引いた金額が準備すべき金額となります。
こちらのコラムもご参照ください。
この先お金で困りたくない!30代独身女性のマネープラン

一人で今後のライフプランを考えるのは難しいと思いますので、ぜひSodanの対面相談をご利用ください。
遠方であれば、テレビ電話での対応も可能です。