税金・節税対策
解決しました

育休中の配偶者特別控除について

  • 1 投稿
  • 0 コメント
  • 2 私も知りたい
相談番号 0001585202
にじいろさん
2018.10.30 12:25

在日外国人、現在育休中、配偶者特別控除及び節税について伺いしたいです。

家族メンバー:
※旦那、非正規雇用、年収400万円ぐらい、社会保険、国民年金は毎月自分で払ってます。年末調整は雇い側がやってもらえないので、確定申告を自分でやってます

※妻(私)、会社員、2018年産休&育休のため、会社から給料がありませんが、ソーシャルレディング投資でA会社の投資からの利益は25万円、B会社の投資からの損失は80万円。

※3歳、1歳の子供が二人います。

質問ですが、下記の1と2はどちらが節税に有利でしょうか。

1、妻(私)の会社から年末調整の資料が届きましたが、今年妻(私)が旦那の扶養に入るべきですか。扶養に入れば、配偶者特別控除を受けられますでしょうか。そうしたら子供二人も旦那の扶養に入れることになります。旦那は正社員ではなく、非正規雇用のため、気になります。

2、今までと変わらず、会社の年末調整を行い、投資の利益と損失もありますので、さらに確定申告を行い、育休中、子供二人は妻(私)の扶養に入れて、来年の住民税はかからないかも?

投資のことは旦那にばれたくないこともありますので、どうしたら税金が安くなることを優先に考えて決めたいです。

お手数ですがよろしくお願いします。

2018.10.30 19:21
にじいろさん

こんにちは。
投稿ありがとうございます。

2018年については産休・育休中のため、給与所得は0になります。
ソーシャルレンディングの投資による雑所得が、38万円以下の場合は配偶者控除の適応が可能です。

お子様につきましても、旦那様は就労中により給与所得があるため、お子様は旦那様の扶養に入れることを推奨いたします。
住民税につきましては、給与収入がないためほとんどかからないと考えられます。