税金・節税対策

夫年収1283万(所得控除後10636万)で、妻がパートの場合は、いくらを目指せばよいでしょうか?

  • 1 投稿
  • 0 コメント
  • 33 私も知りたい
相談番号 0001572626
あやながさん
2018.09.01 15:20

H30年からの改正で、夫の年収だと、配偶者控除が受けられないですが、その場合、どの壁を目指して働けばよいのか教えてください。

色々調べても、下記のようなことは書いてあるのですが、配偶者控除のラインにひっかからないケースの説明が多く、すっきりしません。このサイトを見つけて、質問できることを知り、うれしいです。

色々なサイトからに書いてあったこと、下記です。

98万(税金かからず、額面通り。)
100万(損しないで働くにはここをめざせ)
101万、102万ならどうなるのか?
103万超え 配偶者本人も所得税払う。超えた額の5%所得税。住民税9500円位。配偶者特別控除の対象から外れる。
扶養の対象外から外れる。年末調整源泉税。
129万 355000位の住民税
130万超え 社会保険の被扶養者にも該当しなくなる。個人で社会保険加入要。
141万 妻の年収141万超えならば配偶者特別控除0円
150万 今年からの新たな壁
170万 手取りと年収が並ぶ(130万の手取りにやっとおいつく)

現在パートで、去年までの給与は98万以下ですが、子供も大きくなってきたので、100万以上は働けそうです。

また、勤務先の社会保険に入る場合と、入らない場合でもご教示頂けますでしょうか?

よろしくお願いいたします。

2018.09.07 10:45
あやながさん

こんにちは。
投稿ありがとうございます。

ご記載の通り、社会保険料の負担を考えると130万円まで、170万円以上収入を得られるようであればそれ以上を目指していただくとよいです。

社会保険料の負担により老齢厚生年金の加入にもなりますので、可能であれば170万円以上を目指していただくことで将来的な年金額の増加にもつながります。
「お金の専門家」に無料相談― ファイナンシャルプランナー(FP)に無料相談 ―
インターネット上で相談

お金の専門家であるファイナンシャルプランナー(FP)に、インターネット上で相談可能なTalkRoomをご用意しています。

対面で(直接会って)相談

対面相談とは

ファイナンシャルプランナー(FP)と直接会ってご相談いただけます。まずは郵便番号を入力し、相談場所を確認してみましょう。

専門家一覧を見る
初めての方へ 「Sodan」ってどういうサイトなの?