その他
解決しました

父親が管理者になっている先祖代々のお墓の管理について

  • 1 投稿
  • 0 コメント
  • 0 私も知りたい
相談番号 0001523542
ティラミスさん
2018.04.20 18:10

同居中の実父(90歳)に癌が見つかり身辺を調べてみると管理者が父になっているにもかかわらず、先祖代々のお墓の管理料を23年間も滞納していることがわかりました。総額約60万です。
父はもう貯金がなく、自営の跡取りである私が泣く泣く肩代わりする必要があります。
今後、父が他界した際に土地や自営業の相続が発生した場合、兄弟もいますので何か肩代わりした事を書類に残しておきたいと思います。
父の判子を押してもらう書類としてどのようなものを用意するべきでしょうか。

ティラミスさん

こんにちは。
ご投稿ありがとうございます。

金銭の立替えの証明ですね。
どこまできっちりと対応されるのか次第ですが、
一つは親子間で借用書を作っておくことなどが選択肢となるかと思います。

立替えた事実だけが必要であれば、
墓地から領収書(受納書というようです)を発行してもらうだけでも良いかもしれません。
「お金の専門家」に無料相談― ファイナンシャルプランナー(FP)に無料相談 ―
インターネット上で相談

お金の専門家であるファイナンシャルプランナー(FP)に、インターネット上で相談可能なTalkRoomをご用意しています。

対面で(直接会って)相談

対面相談とは

ファイナンシャルプランナー(FP)と直接会ってご相談いただけます。まずは郵便番号を入力し、相談場所を確認してみましょう。

専門家一覧を見る
初めての方へ 「Sodan」ってどういうサイトなの?