家計設計

結婚後のライフプランの立て方について。

  • 1 投稿
  • 0 コメント
  • 1 私も知りたい
相談番号 0000418511
lemonさん
2016.11.03 03:48

私、彼、共に26歳。来春入籍予定の者です。
結婚後は専業主婦になり、彼の収入(400万円弱)のみでの生活になることが前提に相談します。今現在は、お互い実家暮らしで過去に同棲していた時期もありまして生活スタイルや結婚後の環境の変化も特に心配は無さそうなので今後も計画的におおよそのライフプランを立ててから入籍へと運びたいです。そこで今後のライフプランの立て方として、まずは賃貸で住む場所を確保し、入籍、結婚式、新婚旅行、と予定を組むのが一般的かと思います。いずれはマイホームをと思っていますが既に生活の基盤は整っている状態で2年契約(約170万円)の家賃はどうしても大きく感じてしまいます。ですが、年齢的にもいきなりマイホームはちょっと無茶ではないかと彼は言います。ある程度(500万円程度)頭金を貯めてからでも遅くはないとも思いますが、これから貯めて行くとなると家賃を払いながらの貯金は本当に微々たる額しか貯められそうにありませんし貯まる頃には30代も半ばになるかと思います。そうなると税金の値上げなり金利を考えると貯めていた期間と総支払い額とがどっこいどっこいになるのも目に見えているのです。ならば、年齢が若い内にローンを組む方のが正解だと私は思うのです。いずれ子どもを授かったとしたらそれこそお金が必要となりますし、子どもが居ない今の内に建ててしまえば妊娠出産と慌ただしい状況で悩みを持たず、受け入れ態勢も整い安心出来るかと思うのですが…まとまった頭金や両親からの援助はなしでフルローンでマイホームを建てたいと夢見るのは無謀な事なのでしょうか?

lemonさん

こんにちは。
ご質問ありがとうございます。

これからご結婚、ご出産を予定されていて、家計は彼のご収入400万円でやりくり、頭金なしのフルローンで住宅購入をご検討ということですね。

現在のお二人の貯蓄額や、お住まいの地域など細かい条件をお伺いしてみないと正確なご回答はできかねますが、もしも、現時点で生活費1年分程度の貯蓄があるとすれば、金利も低い状況ですので、フルローンでマイホームを購入するのアリだと思います。
ただ、「貯蓄があまり無い」という状況でしたら、まずは向こう1年分の生活費を準備されてからをオススメします。
ご家庭の貯蓄額が少ない状況でフルローンを組んでしまうと、ご主人がご病気などで働けない状況になった場合には、ローンの返済ができず、せっかく購入したマイホームを手放さなければならないという事態になりかねません。

また、もしも妊娠中に金銭面での不安が出てきた場合、それこそ安心して出産準備をすることが難しいですよね。
厳しい意見かもしれませんが、支払いが厳しくなってしまうご家庭をたくさん見てきましたので、金利状況よりもまずは生活の基盤を整えることを第一優先に考えていただきたいと思います。
もしも手元資金が少ない状況で、どうしてもマイホームを購入されたいのであれば親御さんからの援助、もしくは目標額まではご夫婦共働きも視野にいれてみてはいかがでしょうか?