その他

結婚後の社会保険、失業保険、働き方について

  • 1 投稿
  • 0 コメント
  • 1 私も知りたい
相談番号 0001506276
mjmjtmさん
2018.02.06 00:18

2018年2月に入籍予定です。結婚するにあたり今後の仕事、社会保険、失業保険、働き方についてご相談させてください。
【基本情報】
■夫の年収:600万(額面)
■私の年収:450万(額面)

2017年4月に現在の仕事に転職しましたが、仕事内容が合わないこと、出張が多いことなどから結婚を期に2018年6月ごろ退職を考えております。退職後すぐに正規雇用で働ければ良いのですが、夫が転勤族で2019年4月に転勤する可能性があるため、転勤するまでの期間は夜勤のアルバイトをしようと考えております。アルバイトでの月収は25万〜30万程度になるかと思います。この場合、国民年金、国民健康保険に加入することになるでしょうか。
また、退職後失業保険を申請する必要やメリットはあるでしょうか。自己都合退職のため、申請しても3ヶ月の給付制限期間があり、再就職したとしてもアルバイトであるため再就職手当ては貰えず申請する必要はないと認識しておりますが、正しいでしょうか。
今後の働き方も含め、アドバイスいただけると幸いです。(看護師資格を取得しているため、再就職は比較的容易かと思います。)

mjmjtmさん

こんにちは。
ご投稿ありがとうございます。
回答が遅くなり申し訳ございません。

退職後のアルバイト収入が年収ベースで300万円程度となりますので、年金は、国民年金に加入することになります。
保険については国民健康保険もしくは健康保険任意継続のいずれかになります。
給付内容については、原則差異がございませんので、保険料が安い保険への加入をお勧めします。
なお、具体的な金額につきましては、国民健康保険についてはお住まいの市役所に、健康保険任意継続については現職の人事部門へお問い合わせ下さい。

また、再就職手当については、退職後ハローワークにて失業保険の手続きをした後に、受給資格決定日が通知されます。
受給資格決定日から7日間は待機期間となり、その後給付制限(3ヶ月)となります。
給付制限以後に就職が決定した場合は、再就職手当の受給対象になり得る可能性がございます。
詳細につきましては、ハローワークにご確認お願いいたします。
「お金の専門家」に無料相談― ファイナンシャルプランナー(FP)に無料相談 ―
インターネット上で相談

お金の専門家であるファイナンシャルプランナー(FP)に、インターネット上で相談可能なTalkRoomをご用意しています。

対面で(直接会って)相談

対面相談とは

ファイナンシャルプランナー(FP)と直接会ってご相談いただけます。まずは郵便番号を入力し、相談場所を確認してみましょう。

専門家一覧を見る
初めての方へ 「Sodan」ってどういうサイトなの?