その他

住宅ローンと健康上の不安

  • 1 投稿
  • 0 コメント
  • 0 私も知りたい
相談番号 0001522033
はるこさん
2018.03.27 12:04

30代夫婦(夫会社員、妻専業主婦です。)
住宅購入の際、気になることが三点あります。

1、妻の実家から援助をいくらか受け購入すると、援助金額の割合分、持分登記は夫と妻の共有名義になりますか

2、住宅ローンは全額夫で契約しますが、上記の理由で共有名義となる時、妻は連帯保証人になる必要がありますか

3、妻が通院中の時、住宅ローン債務者は夫でもローン審査に影響がありますか。
影響をなくするには、実家からの援助を受けずに夫単独名義で購入、ローン契約する他に方法はありますか

お忙しいところ恐れ入りますが、どうぞよろしくお願い致します。

はるこさん

こんにちは。
ご投稿ありがとうございます。

ご質問に添えて回答させていただきます。

1)妻の実家から援助をいくらか受け購入すると、援助金額の割合分、持分登記は夫と妻の共有名義になりますか

→ご認識のとおり、奥様の実家から援助を受け奥様が資金を拠出した場合、ご夫婦の共有名義になります。

2)住宅ローンは全額夫で契約しますが、上記の理由で共有名義となる時、妻は連帯保証人になる必要がありますか。

→一般的に連帯保証人になる必要はなく、担保提供者となります。
念のため借入を検討されている金融機関にお問い合わせください。

3)妻が通院中の時、住宅ローン債務者は夫でもローン審査に影響がありますか。
影響をなくするには、実家からの援助を受けずに夫単独名義で購入、ローン契約する他に方法はありますか。

→住宅ローン契約者がご主人であれば、奥様の健康状態は告知事項にはなりません。
共有名義の場合でも同様の取扱になります。

こちらの回答が参考になれば幸いです。