年金

老後 年金 貯蓄の運用

  • 1 投稿
  • 0 コメント
  • 4 私も知りたい
相談番号 0001576969
トミーさん
2018.09.04 13:39

現在47歳。将来受け取れる年金額を知りたいです。
減額の可能性はありますが、現段階での目安金額を知りたいのと、それまでの貯蓄の仕方、今の貯蓄の運用、等をアドバイスお願い致します。
国民年金を20才からはいり、厚生年金を年収400万で5年間、年収150万で1年半入っています。受け取りは65才からと考えています。
主人は自営業なので、ふたりとも国民年金だけで、このままだと老後がとても心配です。今のパート先で正社員の話もあるのですが、そこでできるだけでも厚生年金に入ったほうがよいのか、
国民年金基金などに入って、国民年金の額を増やす方向で行ったらよいのか悩んでいます。
今のパート先で年収150万ほどで厚生年金をあと5年でも入るとしたら、受け取る年金はプラスいくらになるのでしょうか?
そのあとに国民年金基金に入るとよいのでしょうか。
それとも今のパートよりもっと高い時給のところで月収を増やし、国民年金を増やすものに加入、もしくは貯金をしていった方がよいですか?
今の貯蓄は二人の子供が大学を4年間これから通うので、その学費でほとんどがなくなってしまい、残るのは500万ほどでしょうか。それの運用商品はなにかないでしょうか?

2018.09.07 11:19
トミーさん

こんにちは。
投稿ありがとうございます。

年金受給金額に関しましては、支払時期により計算が異なるので、お手持ちの年金定期便をもとに「ねんきんネット」で試算されることをおすすめします。
現段階での受取金額、厚生年金に加入した場合の受取金額も見れるようです。

国民年金の方の老後の資産形成手段としては、国民年金基金、小規模企業共済、確定拠出年金、生命(年金)保険などの様々な手段がありますが、それぞれメリットデメリットがあり、どれかひとつに偏る必要もありません。
運用商品に関しても同様で、リスクの許容度や運用期間、引き出すタイミングにより商品選びは異なります。

ご自身に最適な資産形成手段の選択、運用商品の選択のためにも、ぜひSodan[ソダン]の対面相談をご利用ください。