その他

【再】介護による早期退職に伴う失業保険について

  • 2 投稿
  • 0 コメント
  • 1 私も知りたい
相談番号 0001442182
mozzu7417さん
2017.11.03 00:46

2017.10.30に相談させて頂きました者です。
おかげさまで回答を頂きました。ありがとうございます。
https://www.sodan-lp.jp/board/work/detail/1446041

私の質問の仕方が悪かったため、再度質問させて頂きます。

■要旨
失業保険の目的が、「働く意思がある」、または、「働く能力がある」
のであれば、「介護を理由に早期退職した場合は失業保険を受け取る資格ないのでは」と思うことから
再度質問させていただきます。(貴社サイトではこのパターンでも受け取る資格があると記載があるため境界線が分かりませんでした)

介護を理由に早期退職とは、仕事を続けたいのにやむなく介護のため退職するわけですから、再就職は困難だと思います。
再就職する位なら最初から会社は辞めないということです。
このパターンであっても失業保険を受け取る資格がある場合、ハローワークでの就職活動が必須となり、当然求人応募、面談に致ります。
求人を出してる会社からすれば「働ける人」に応募してもらうわけで、ここの時点で矛盾しますし、迷惑掛けてしまいます。
本当のところ、どっちが正しいのか迷った挙句の質問で至っています。
もちろん、介護の軽度や変化により、就職活動の可否があるのは理解した上での根本的な疑問なのです。
もしかしたたら、ハローワークのしおりにもっと詳細な条件記載が必要なのかもしれませんが
介護とは疾病や怪我と異なり、短時間、短期間では解消しえない特性があり、そのために覚悟をもって早期退職しているわけですから
失業保険のあり方の抜本的な改善が必要なのかも知れないと思っているところです。


■私が早期退職に至った経緯
早期退職日 2017年6月末(失業日2017.7.1) 勤務年数 33年3ヶ月
理由 母(88歳)の介護専念のため
・母が父(86歳)の介護に疲れ、仕事の合間に父(86歳)をどうにか3年前に施設に入れました
・母の負担は軽減されたが、日常の転倒、圧迫骨折、リハビリ、などが続き、これも何とか対応してきました


母は施設しは入る意思がなく、頑なな自力生活主義であるため、私としてはその意思を尊重したい
ただ、そのためには私は本腰で仕事をすることが出来なく、1、2週間の休暇が頻発した
ことから会社周囲の影響からやむなく早期退職を選択、会社も了承となっている

父:認知症、歩行困難、難聴    (要介護3認定済)
母:認知症、歩行困難、難聴、高血圧 (要支援2認定済)


■会社から離職票が退職日から1ヶ月後に送付され、ハローワークで手続き依頼あり
会社からの失業申請をするようにと書類(離職票)が送られてきました。
離職票を手にハローワークで失業保険申請手続きしました。
その時点では、失業保険のことは普段しないことですから殆ど無知でした。


■私がハロワークで説明を受け、理解したこと、疑問に思ったこと
1.理解していること
ハローワーク発行しおりの内容は理解しました。
今回回答頂いた内容も理解しているつもりです。


2.疑問に思っていること
要旨は上記記載のとおりですし、ハローワーク発行しおりにも記載されており理解しております。
また、その記載内容は最小保障ではなく、最大解釈であることも理解しました。
つまり判断基準ではなく、判断者はハローワーク側にあります。
問題は、「介護による早期退職に伴う失業保険」の解釈です。

・働きたくても働けないから早期退職しているので失業保険をもらうための就職活動は意にはんすることではないかと思います。
・それでも失業保険をもらってらっしゃる方もいらっしゃるのでそこのところはどうなのか
 (就職活動の作り方などを色々と工夫してまで世知辛くもらう必要があるのか)
 (真面目に長期間失業保険を払ってきた方が真面目に深刻すると失業保険受給資格なしになることもありえる)
※ここのハローワーク側の采配具合に不透明性があるように感じる次第です。


■最後に
私みたいなやむを得ない介護離職者は多く、今後も増えるものだと思っております。(少子高齢化、晩婚化)
制度がほんとうに理に適っているのであれば「介護離職の本質に対応しているのか」という疑問に至ります。
「介護は病気疾病などの類とは異なり、長期且つ超重労働且つ必要に迫られるもの」
医療とか介護認定とかの一定指標とは一線を隠した隙間を親類がカバーリングして
初めて解決に向けて実現できるもの等の特性があります。
そこの「かゆいところ」に手が届かない仕組み(制度)になっていないかという疑問に立たされております。

(なぜハローワークへ直接質問しないかの理由)
数度、職業相談に通っておりますが、対応がマニュアル的で、上記記載内容が到底伝わらない
聞く耳をもって貰えないだろうと思い、事前相談に至りました。
またいろんなサイトで私のような状況の方がどう振舞われているか閲覧しておりますが
就職活動する方法が、お金目的としたものばかりだった(如何に楽して就職活動と認めてもらうかの工夫など)
ので、真意に迫るものがありませんでした。

mozzu7417さん

こんにちは。
再度のご投稿ありがとうございます。

おっしゃる通り、介護を理由に本当にやむを得ずという方は、間違いなく増えていくはずなので、ハローワークの担当者の采配で、自己都合扱いとなるのは、疑問を生じますよね。
とはいえ、制度の意義や仕組みに関しては、こちらでは回答できかねます。
疑問点はやはり、ご担当者に再度聞いていただく事がよろしいのではないでしょうか?

なお、自治体によっては独自の介護支援制度も存在しますので自治体にも一度ご相談される事をお勧めします。

 
「お金の専門家」に無料相談― ファイナンシャルプランナー(FP)に無料相談 ―
インターネット上で相談

お金の専門家であるファイナンシャルプランナー(FP)に、インターネット上で相談可能なTalkRoomをご用意しています。

対面で(直接会って)相談

対面相談とは

ファイナンシャルプランナー(FP)と直接会ってご相談いただけます。まずは郵便番号を入力し、相談場所を確認してみましょう。

専門家一覧を見る
初めての方へ 「Sodan」ってどういうサイトなの?