フリーランスの海外出張……保険の補償の目安とは?

2017.11.30 112view
フリーランスとして働く方のなかには、仕事の都合で海外に行く機会のある方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな時に気になるのが、出張先でのトラブルに対する備え。会社員の方であれば会社で保険をかけてくれることもしばしばですが、フリーランスの方の場合はご自身で手配しなければいけませんよね。そこで今回は、フリーランスの方が海外出張に行く際の保険にまつわるコラムです。
■海外出張にいく時は「保険」に加入しよう
フリーランスの方が海外出張に行く場合、まず考えなければいけないこと……それは「保険」です。会社員の方であれば、会社側で保険をかけてくれることもありますが、フリーランスの方の場合、全てご自身で準備するのが基本です。やはり、日本とは勝手の異なる海外に行くわけなので、病気やケガをした時はもちろん、手荷物がなくなってしまった場合など、各種トラブルには備えておきたいですよね。
なかには、仕事の発注元が保険をかけてくれる場合もありますので、仕事の報酬と一緒に、保険をかけてくれるのかどうかも事前に確認するようにしましょう!
■海外旅行と海外出張。加入する保険は異なるの?
さて、フリーランスの方の場合はご自身で保険の手配を行う必要があるわけですが、同じ海外へ行くにしても、旅行と出張とでは入る保険が異なるのでしょうか?
答えは、同じです。出張は「ビジネス」、旅行は「遊び」と目的は異なりますが、加入する保険はいずれも「海外旅行保険」となります。
また、加入すべき補償内容も同じです。というのも、旅行であれ出張であれ、海外で困るのは同一の事由だからです。たとえば、現地で病気やケガをした際の治療費、手荷物に損害があった際に必要な補償は、旅行でも出張でも同一ですよね。
【海外旅行保険についてくわしく知りたい方はこちらもおすすめ】
海外旅行保険って本当に必要なの?
では、どのような場面で“出張ならではの困りごと”が発生するのでしょうか?
それは、飛行機や電車の遅延で約束の時間に間に合わないといった場面です。仕事なので、時間に間に合わなかった場合、最悪仕事がなくなってしまうリスクもありますよね!
それでは、このような場面において利用できる保険はあるのでしょうか?
残念ながら、飛行機などの遅延により仕事に支障がでても、保険を利用することはできません。考えてみれば当然ですが、これは国内で「電車が遅延して、試験を受けられなかった……」なんてケースと同じです。もちろん、運航会社も補償してくれませんし、保険を利用することもできませんよね。
遅延による損害に備えるものとして、海外旅行保険には「航空機寄託手荷物遅延等費用」という特約もありますが、これは飛行機のトラブルで預けた荷物が届かない場合に、下着など身の回りの品を購入する費用を補償してくれる特約です。そのため、遅延による損害といっても、出張ならではの損害とは意味合いが異なりますよね。
いかがでしたでしょうか?国内とは異なるトラブルが起こりがちな海外出張。事前に海外旅行保険でしっかり備えて、気をつけて行ってきて下さいね!
ブロードマインド株式会社
第一種証券外務員を保有するお金のプロ!
難しいお金の話を分かりやすく解説します。
  • この記事が参考になったら
    いいね! してね
まわりにもシェアしよう!