保険見直しのタイミングはいつ!?一度加入すれば安心なのか?

2015.07.24 883view
仕事や家事、育児など・・・毎日忙しい日々を送っていらっしゃるかと思います。
ちょっと空いた時間に、一度ご自身の保険の中身をチェックしてみてください。
以前「保険を学ぶ!カンタン講座」にて保険選びのポイントについてご紹介しました。
一度保険に加入すれば安心!と思っている方も多いのではないでしょうか。
長期間掛ける保険だからこそ、どこかのタイミングで見直しが必要になります。
今回は保険見直しのタイミングと重要性について書きたいと思います。
■なぜ保険の見直しが必要か?
加入時にしっかり選んだ保険でも、見直しが必要な理由は大きく分けて2つあります。
大きく分けて2つあります。
------------------------------------
1.ご自身のライフステージの変化
2.医療制度などの社会情勢の変化
-----------------------------------
<自身のライフステージの変化>
加入した時に独身だった方が結婚した場合、ライフステージが大きく変わります。
独身だった頃と、死亡保障の必要性も変わってきます。
お子様が生まれると、さらに死亡保障が必要になると同時に教育資金の準備も必要です。
逆にお子様が独立された後は、死亡保障の額を下げても良いかもしれません。
この様に、ご自身のライフステージの変化とともに必要な保険が変わってくるのです。
<医療制度などの社会情勢の変化>
仮にずっと独身だったとしても、保険の見直しが必要となることがあります。
例えば、かつては一度入院すると長期化しましたが、現在は入院自体が短期化、し一度退院して外来で治療するケースが増えています。
そのため、かつては入院5日目から保障しますが、1回の保障入院日数が半年以上ある医療保険が珍しくありませんでした。
一方、現在の医療保障は、初日から保障する代わりに、1回の保障入院日数が減っています。保険会社によっては、退院後の外来治療を保障してくれる商品もあるようです。
また、少子高齢化に伴い医療だけでなく、介護の心配をしている人が増えているため、現在は介護用の保険も増えています。
このように社会情勢の変化に合わせて、ご自身を守る保険も見直していく必要があるかもしれません。
■保険見直しの注意点
現在加入している保険によっては、見直しをしない方が有利な保険もあります。
特に年金保険や終身保険と言った貯蓄性が高い保険は、古い保険の方が高利率で有利なケースが多いです。安易な掛け替えには注意が必要です。
また、新しい保険に切り替える際は、新しい保険の加入が決まってから、古い保険を解約するようにしましょう。
保険は加入時に診査があるのが一般的です。診査の結果、新しい保険に加入できない可能性もあります。
「保険を見直すつもりが、無保険になってしまった・・・」ということがないようにして下さいね。
ブロードマインド株式会社
第一種証券外務員を保有するお金のプロ!
難しいお金の話を分かりやすく解説します。
  • この記事が参考になったら
    いいね! してね
まわりにもシェアしよう!