子どもが社会人に!実家暮らしの子どもに求める生活費とは?

2017.04.10 2932view
この春、娘がいよいよ社会人に!幸いなことに、実家から通勤できる勤務先みたい。社会人として、しっかり貯金をさせないと!と思う一方、同居とはいえ食費くらいは入れさせたいとも思っているの。一体、いくらくらい入れてもらうのが良いのかしら?
■実家暮らしの子どもに求める生活費。気になる相場とは?
社会人になったばかりのお子さまが実家にいる場合、「子どもからいくら生活費を受け取れば良いのか?」と悩まれるご夫婦も少なくないはずです。特に、お子さまが20代前半のタイミングですと、ご夫婦自体もまだまだ現役世代ということが一般的だと思います。つまり、ご夫婦にも収入がある状況なので、経済的な面だけでみると、家にお金を入れてもらう必要性はあまり感じないかもしれません。それでも、社会人になった実家暮らしのお子さまには、お子さまのためにも必ずお金を入れてもらうようにしましょう。
なぜならば、社会人になると共に一人暮らしを始める方の場合、最初の数年は金銭面で苦労することになります。特に、都市部に住む場合は、家賃だけでも馬鹿にならない金額がかかります。社会人になったばかりの20万円程度の月収から、家賃と光熱費を払うことを考えれば、決して楽な生活にならないことは想像できますよね。それに対して、実家暮らしの方の場合、ほぼほぼ全額を自分で使える状態になります。可処分所得(=自由に使うことのできる手取り収入)が20万円近くある状態だと考えると、生涯で一番自由にお金を使える時期とも言えます。そのため、お金があればあるだけ使ってしまう癖がついてしまわないように、あえて少しお子さまの可処分所得を下げてあげる必要があるというわけですね。
それでは、実際にいくらくらいお金を入れてもらえば良いのでしょうか?
お子さまがご自身できちんと貯蓄できるか否かにもよりますが、目安として可処分所得の20%程度は入れてもらうようにしましょう。あまり貯蓄が得意でないお子さまの場合、居住地域の家賃相場分くらいを入れてもらっても良いかと思います。このようなことから、だいたい4万円~7万円程度が、子どもに求める生活費の相場になるかと思います。
■家に入れてもらったお金はどうする?
さて、実際にお子さまに入れてもらったお金はどうすれば良いのでしょうか?
ご自身たちの生活が経済的に苦しい場合は別ですが、せっかくなので、ぜひお子さまのために貯蓄してあげましょう。仮に毎月4万円を家に入れてもらうとしたら、4万円×12ヵ月で年間48万円、5年間貯めてあげることができれば250万円近いお金になりますよね。このように、年数を重ねるごとにまとまった金額になっていきますので、お子さまの結婚式や住宅購入時の援助として渡してあげると良いでしょう。特に、若い年齢でご結婚となると、まだまだお子さまもそれほど貯蓄できていないことが予想されます。このような時に、ご両親から援助があるとありがたいですよね。
■社会人になった子どもに教えておくと良いお金の話
そして、晴れて社会人になったお子さまと、お金について一度話をしておきましょう。
まずお子さまに伝えるべきなのは、貯蓄の仕組みについてです。「貯蓄=収入-支出」です。言い換えると、「支出=収入-貯蓄」です。前者は、手元に残ったお金を貯蓄に回すという考え方、後者は、自由に使えるお金から貯蓄分を引いた残りを使うという考え方です。方程式上は、どちらも同じ答えになりますが、お金の世界では必ずしも一致しません。言うまでもなく、お金を貯めるコツというのは、後者の「支出=収入-貯蓄」にすることです。ぜひお子さまには、「まず貯蓄をする」という貯蓄体質の大事さを伝えてあげて下さいね。
その際、「なぜ貯蓄をすべきなのか?」「どのように貯蓄すべきなのか?」という部分に関しては、ぜひプロの意見も参考にしてみてください。おそらく親御様ご自身が若かった頃は、ただ預金をしているだけでもそれなりにお金が殖えましたよね。なぜなら、預金金利が高かったためです。ところが、現在では預金をしたところで、ほとんど金利には期待できません。そのため、現在の金利水準を考えると、ある程度自主的に投資をして殖やしていく必要性があるのです。現在では多くの企業が、確定拠出年金という、従業員自身が運用しながら自分の退職金を作っていく制度を導入しています。つまり、以前と比べて、よりお金の知識を高めることが必要になってきているのです。とはいえ、「自分自身、子どもに教えてあげるほどお金に関する知識がない……」そんな方が一般的だと思います。となると、やはり専門家をうまく活用するに越したことはないですよね。
Sodanでは、無料でお金のプロであるFPに相談できるサービスがありますので、ぜひお子さまのために有効活用してみてくださいね。
ブロードマインド株式会社
第一種証券外務員を保有するお金のプロ!
難しいお金の話を分かりやすく解説します。
  • この記事が参考になったら
    いいね! してね
まわりにもシェアしよう!