お金が増えないとお悩みの方へ。FPが伝授するお金の増やし方

2015.12.11 1438view
ちゃんと日々節約してはいるつもりではあるけれど、なかなかお金が貯まらない・・・・
FPに相談してはみたいけれど日々の生活で忙しいし、何を相談していいかもよくわからないし、ネットでわかりやすい情報があったら知りたいな。

そんな方のために、今日はしっかりお金を増やしていく方法をコラムでご案内します。
■お金を増やすために最初にやっておくべきこと
しっかりお金を増やしたい。そのために最初にやっておくべきこととは何でしょうか?
<毎月の収支を確認する>
節約?資産運用?色々思い浮かぶと思いますが、最初にやっておくべきことは、毎月の収支を確認することです。
自分が一番お金を掛けていることが何か?を洗い出しましょう。
一番お金を掛けていることが、無駄な支出なのか?絶対に削れない部分なのか?を判断することで、これからお金を増やしていく上での自身の余白を確認することができます。
どういうことかと言うと、お金を増やす唯一の方式は、「収入」>「支出」とすることです。
「収入」<「支出」では、お金は決して増えません。
そのため、お金を増やしていくには、「収入」を増やすか?「支出」を削るか?の二択が基本的な選択肢となります。
もし、自身が一番お金を掛けている部分が、無駄な支出だった場合は、「支出」を削る事に注力すればお金を増やすことが可能です。
一方、絶対に削れない部分だった場合、「支出」を削るのは難しいと判断する必要があるかもしれません。
<年間の収支を確認する>
そもそも毎月収入の範囲で生活が成り立っているのか? あるいは、ボーナスでの補てんが無いと生活が成り立たないのか?を確認しましょう。
ボーナスでの補てんが無いと生活が成り立たない場合は、要注意です。
今、蓄えができていても、不測の事態の場合に生活が成り立たなくなるリスクが潜んでいます。
■初心者の人におすすめするお金の増やし方
前述の通り、しっかりお金を増やそうと思うと、「収入」>「支出」にする必要があります。お金を増やすためには、まず天引きなどを利用して、強制貯金を実施しましょう。
言うまでもなく、「収入」―「支出」=「貯蓄」となります。
算数では式の項目を入れ替えて 「収入」-「貯蓄」=「支出」としても数値は代わりませんが、お金の世界では全く異なります。言うまでもなく、お金が貯まるのは、後者の「収入」-「貯蓄」=「支出」です。
やはり、お金を増やす最短の近道は、強制的に貯蓄をして、自身の生活レベル(使える支出)を下げてしまうことです。
「収入」を増やすことに注力した方が良いという考え方もあります。もちろん、「収入」を増やせば同じことですが、出来高払いの営業マンの方など、一部の方を除き「収入」は、自分自身でコントロールがしづらい項目です。「収入」を増やす施策よりも、強制貯蓄で「支出」をコントロールする施策の方が即効性があると言えます。
また、「収入」が増えるにつれて、「支出」も増えていってしまうのが一般的です。

ご自身の給与が倍になったことを想像してみてください。
「今よりも広い家に住みたい」、「旅行の時にもっといい宿に泊まりたい」、「もっと良い化粧品を使いたい」となりませんか?
「収入」が増えたとしても、強制的に貯蓄をしないと、お金を増やすことは難しいと言えるでしょう。
そして、強制貯蓄を続けることで、貯蓄の額が増えると、「資産運用」と言う手段で自身の「収入」を増やすことができます。
「日本の景気が良くなったと聞くけれど、実感無いなぁ」なんて思ったことはありませんか?
貯蓄(資産)を多く持っている方などは、「資産運用」と言う手段で、自身の「収入」を増やしています。例えば、多くの「株式」を持っている方は、景気が良くなると持っている「株式からの配当」という収入が増えます。また、そもそも持っている「株式の価値(株価」が上がることで、自身の貯蓄額を増やすこともできるのです。
■お金が増える人の特徴とは
最後に、FPから見たお金が増える人の特徴について述べたいと思います。
「長財布を使っている人」とか「お財布がレシートなどで膨らんでいない方」とかいろいろな言われ方をしていますが、お金が増える人の特徴は、「何のためにお金を増やしているのか?」という目的が明確な方が多いように感じます。
「家を買うため」とか「子供の教育資金のため」とか、「老後のため」など目的を明確にすることで、お金を増やすことのモチベーションを保つことができます。
そして「いつまでに」、「いくら」用意する必要があるのか?がわかってくるので、お金を準備するための効率的な方法を検討しやすくなるのです。
お金を貯める目的がある方は、「モチベーションを保ち」ながら、「お金を準備する効率的な方法」を実施できるので、しっかりお金を増やしていくことができるのです。
「お金を増やすこと」自体が目的になってしまう方もいらっしゃいますが、
ぜひ「何のためにお金を貯めるのか?」 目的を意識してお金を増やして頂ければと思います。
ブロードマインド株式会社
第一種証券外務員を保有するお金のプロ!
難しいお金の話を分かりやすく解説します。