女性の生涯年収。働き方を変えるとどのくらい差が出るの?

2015.11.13 7465view
女性のみなさんは、結婚・出産・子育てなどのライフイベントが沢山ありますよね。ずっと正社員で働くつもりが、その時々によって、ワークスタイルを変更せざるを得ないこともあります。結婚を期に、正社員から他の働き方へワークスタイルを変更される方もいらっしゃいますが、最近では「残業がない働き方をしたい」「いろいろな会社で働いてみたい」など、あえて正社員ではなく派遣社員というスタイルを選ぶ女性も増えてきているようです。では、正社員と契約・派遣社員では、どれぐらい生涯年収に差が出るのでしょうか。
■そもそも生涯年収とは?
私たち一人ひとりの人間が、一生で得られる収入の総額のことをいいます。
■女性の正社員の生涯年収は約1億4,500万円、契約・派遣社員と約4,600万円の差!
女性が、正社員で60歳まで就業を中断することなく働いた場合の生涯年収の平均は、約1億4,500万円と推計されます。一方、契約社員・派遣社員として60歳まで働いた場合の生涯年収の平均は約9,900万円と、正社員で働いた場合よりも約4,600万円の差が出るようです。
※上記生涯年収は「平成26年賃金構造基本統計調査」雇用形態、性、年齢階級別賃金、対前年増減率及び雇用形態間賃金格差より年間賃金を算出。第一生命経済研究所経済調査部が2015年4月6日に発表している2015年夏のボーナス支給額予想より支給係数を類推し年間賃金に加算したもの
20代の間は、正社員と派遣社員・契約社員とを比べるとそれほど収入の差はありませんが、30代以降にその差が急拡大します。一般的に、定期昇給が見込める正社員に対し、30代以降、派遣社員・契約社員は収入の伸びが鈍化してしまいます。また、「ボーナスの有無」や「退職金の有無」なども大きいですね。
■家庭優先でパートにワークスタイルを変更。その場合の生涯年収の差は?
結婚や出産で退職した女性が再就職する例として多いのが、契約・派遣社員やパート社員などの働き方です。定時に上がることができ、育児の時間が確保しやすいという理由でこれらの働き方が選ばれるケースも多いようです。
ここでは、とあるご家庭を想定し、女性(Aさん)の生涯年収について見てみたいと思います。
<仮定>
Aさんは22歳~30歳まで正社員で働き、出産を機に専業主婦に。お子さまが小学校へあがるタイミングで、37歳~60歳までパート社員として働き収入を得ると仮定します。
※ご主人様の扶養範囲内(103万円/年)で収入を得ます。
このような場合、Aさんの生涯年収は、4,849万円(パート期間103万円×23年間+20代女性の正社員平均収(310万円)×8年間)と推計されます。正社員として働き続けた場合と比較すると、生涯年収がかなり低くなることが分かります。また、パート期間には、厚生年金が無い部分も将来的な受取額に大きく
影響が出てきます。
■生涯必要なお金ってどれくらい?
私たちの人生においてどのような出費があり、どれぐらいお金が必要になるのでしょうか。「人生の3大出費」と呼ばれる「住宅ローン」「教育費用」「老後資金」を、ここではご紹介させていただきます。
【住宅ローン】
住宅費用として、平均約3,676万円が必要とされています。(参照元:住宅金融公庫 平成23年度「公庫融資利用者調査報告」)
もちろん、「お住まいの地域」、「戸建・マンションの違い」、「新築・中古の違い」等によっても金額が大きく変わってきます。都市部に新築での購入をお考えの方は、もう少し金額が必要になるかと思います。
【教育費用】
815万円~1,924万円が必要とされています。(参照元:文部科学省 平成22年度「子どもの学習費調査」/独立行政法人 日本学生支援機構 平成22年度「学生生活調査」)
あくまでお子さま1人当たりの金額になりますので、2人・3人の場合は2倍・3倍になります。また、公立に通わせるのか・私立に通わせるのか、によって大幅に必要金額は前後します。
【老後資金】
住宅ローン・教育資金については慎重に考える方も多いですが、忘れられがちなのが「老後資金」です。夫婦2人が60歳~80歳まで、月々30万円で生活したと仮定した場合の必要金額は7,200万円とされています。
実は、人生にはこのような出費がついてきます。それらを踏まえた上で、どのような「ライフプラン」にするのか、ご家族と話し合うと良いかもしれませんね。
ワークスタイルを変えることにより、生涯年収は大幅に変化しますから、何らかの「リスク」が伴うことを事前に理解しておくことが大切です。正社員ではない働き方を選ぶという選択をするのも一つの手ですが、ご自身の生涯年収をしっかりとシュミレーションした上で、ご自身とご家族が望む「ライフプラン」を実現するためにはどのような働き方が良いかを考えてみるのはいかがでしょうか。
ブロードマインド株式会社
女性向けマネーセミナーの講師としても活動しています。
皆さんが気になるマネーにまつわる最新情報を、楽しく分かりやすくお伝えします!
  • この記事が参考になったら
    いいね! してね
まわりにもシェアしよう!