マイナンバー通知カードが届いたら知っておくべき4つのポイント

2015.11.10 11493view
ある日、簡易書留が我が家に届きました。封を開けると「マイナンバー通知カード」。
さてこのカード、どのように扱えばいいのでしょうか?
今日はそんな疑問をお持ちの方に、「マイナンバー通知カード」の知っておくべきポイントを解説したいと思います。
■マイナンバー通知カードが届いたら「個人番号カード」の申請!
2015年10月から、順次「住民票の住所」に簡易書留で「マイナンバー通知カード」が届きます。「マイナンバー通知カード」には、自身のマイナンバーの他に「氏名」「住所」「性別」「生年月日」等が記載されています。
手元に無事「マイナンバー通知カード」が届いたら最初に行うこと。
それは「個人番号カードの申請」となります。
と、いっても「個人番号カードの申請」は希望者のみが対象で必須ではありません。「個人番号カード」はどのような物かと言うと、顔写真付きの公的身分証明書です。「個人番号カード」で利用する顔写真に関しては、写真を添付して郵送(返信封筒も同封必要)する方法だけでなく、スマートフォン等で顔写真を撮影してオンラインで申請する方法もあるようです。

なお、「個人番号カード」を使わずに、「マイナンバー通知カード」だけでも今後の各手続きはできます。
但し、その際「マイナンバー通知カード」と「顔写真付きの本人確認書類(運転免許、パスポート等)の写し」を一緒に提出する必要が生じます。
もちろん、「個人番号カード」があれば、顔写真つきの本人確認書類は不要となります。
ちなみに今後勤務先に年末調整の度に、ご自身分だけでなく扶養している家族の「個人番号カード」も伝える必要が出てきます。
「個人番号カード」が無い場合は、家族の「マイナンバー通知カード」と「顔写真付き本人確認書類の写し」を用意する必要が生じます。これを考えると、家族の「個人番号カード」を作ってしまう方が楽かもしれませんね。
また、今後各自治体との連携が進むにつれて、「個人番号カード」を利用することで、コンビニで印鑑証明書や住民票が取れるようになったり、図書館カードの代わりになったりと利便性向上の施策の検討が進んでいます。
将来的には、「個人番号カード」が運転免許証や健康保険証を兼ねられるような日がくるのでしょうか?
■マイナンバー通知カードが届かない・・・考えられる理由と対応方法は?
住民票の住所と居住地が違う場合は、最悪手元に届かない恐れがあります。
基本的には、きちんと転入出届をして住民票の住所を更新する必要がありますが、被災者やDVの被害者、長期入院する方等一定の条件を満たす場合は、住民票の住所と違う場所に住んでいても、現在の居住地でマイナンバー通知カードを受け取ることができます。
その際には、「居所登録申請」をする必要があります。
この「居所登録申請」は、お住まいの市区町村に届けをすることになります。
■「マイナンバー通知カード」または「個人番号カード」を紛失してしまったら
<マイナンバー通知カードを紛失してしまった場合>
まずはお住まいの市区町村に届けを出し、再交付の手続きをします。
再交付時には、新しいマイナンバーが発行される(番号が変わる)のか、同じ番号を継続利用されるのかは、現状決まっていないようです。
また、再交付の手続きには事務費用がかかる予定のようです。
<個人番号カードを紛失してしまった場合>
下記に電話をして、一時停止申請を行いましょう。
マイナンバー総合フリーダイヤル
電話番号:0120-95-0178
営業時間:平日9:30~22:00、土日祝9:30~17:30(年末年始12/29~1/3を除く)
■マイナンバー通知カードの個人番号の管理重要度は?保管方法はどうするべき?
マイナンバー通知カードに記載されている12ケタの個人番号。
これがご自身のIDになるわけですが、番号のみで悪用できてしまうのでしょうか。
前述の通り、マイナンバー通知カードだけで手続きをすることはできません。
顔写真付きの本人確認書類を合わせて提出することが必要となります。
そのため、番号だけで悪用されることは考えづらいと言えるでしょう。
なお「個人番号カード」にしても顔写真入り、ICカード付きとある程度のセキュリティは担保されています。
紛失時にはパニックにならず落ち着いて対応するようにしましょう。
とはいえ、氏名や性別だけでなく、住所まで記載されたカードです。
このカードを紛失してしまうことはとても不安ですよね。
紛失リスクを考えると、どのような保管方法が良いのでしょうか?
直近では「マイナンバー通知カード」「個人番号カード」ともに、日々利用するようなカードではありません。
そのため「財布に入れていつも携帯する」というよりも、「必要な時にだけ持参する」という方が良いかと思います。
いかがでしたでしょうか?
年内には皆様のお手元に「マイナンバー通知カード」が届くはず。
運用方法はもちろん、ご自身の保管方法もしっかり決めておいてくださいね!

関連コラム:マイナンバーの使い道を正しく理解!どんな場面で必要になるの?
ブロードマインド株式会社
第一種証券外務員を保有するお金のプロ!
難しいお金の話を分かりやすく解説します。
  • この記事が参考になったら
    いいね! してね
まわりにもシェアしよう!