2018年1月8日以降は62円!年賀はがきの豆知識!

2017.12.18 1476view
いよいよ師走ですね!年末年始といえば、日本文化の一つである“年賀状”の準備で慌しいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?さて、今年(2017年)の6月から郵便はがきの料金が62円になっていることはご存知の通りですが、年賀はがきは52円のままということはご存知でしょうか?今回は、そんな年賀はがきについてのコラムです。
■年賀状を出すなら……投函期間に要注意!?
今年(2017年)の6月から料金改定になった郵便はがきとは異なり、年賀はがきは52円で送ることができます。ただし、投函する期間が決まっていますので気をつけましょう!
具体的には、2017年12月15日(金)~2018年1月7日(日)までが52円で投函できる期間となっています。2018年1月7日までとなっておりますが、夜間などの集荷時間外に投函した場合は、翌日8日の1回目の集荷まで有効とされています。
日本郵便が発行する年賀はがきであれば期間内に投函するだけで大丈夫ですが、私製はがき(自身で52円切手を貼ったものや年賀はがき用ではないはがき)の場合は、はがきの表面に朱記(赤字)の「年賀」の文字を記載したもののみ有効となります。
※記載がない場合は、一般郵便とされてしまいますのでご注意ください。
(例)
詳しくは、郵便局のホームページをご確認くださいね。
通常は62円のところ52円で送れるということで、なんと10円もお得になります!せっかくの機会ですので、普段あまり連絡を取らない方へも送ってみてはいかがでしょうか。
■余った年賀はがきはどうするのが良い?
張り切って年賀はがきを大量に買い込んでみたものの、書き損じもそれほどなかったし、年賀はがきが余っちゃったわ……という方も少なくないかと思います。では、そんな余った年賀はがきはどうすると良いのでしょうか?
【通常のはがきや切手と交換する】
ご存知の方も多いかと思いますが、実は手数料を支払うと通常のはがきや切手に交換することができます。1枚につき5円の手数料がかかりますが、使わないものをそのまま置いておくよりは使えるものへ変えておいたほうが良いですよね。
また、親族の突然の不幸によって年賀状を送ることができなくなった場合、年賀状販売期間内であれば、無料で通常のはがきや切手・レターパックなどと交換してくれるそうです。その際には、交換手続きが必要になりますので忘れずに行うようにしましょう。
以下で、手数料や交換できるものについて確認してみてくださいね。
その他にも、以下で余ってしまったはがきの活用方法をいくつかご紹介したいと思います。
【寄附をする】
国際協力活動への1つとして、書き損じはがきや未使用はがきを寄附することで、学校へ通えない子どもたちのために教室を開いたり、学べる環境を用意してあげたりすることができるようです。
上記はほんの一例ですので、ご自身が賛同できる活動がありましたら、ぜひ携わってみてくださいね。
【懸賞などの応募用に使用する】
52円の年賀はがき対象日内に購入したものであれば、+10円分の切手を貼って使用することができます。表面に【年賀】が印字されているようであれば、修正ペンなどで消しておくと良いでしょう。
いかがでしたでしょうか?お年玉商品つきの年賀状は、書き損じ・未使用のものも対象になりますので、ぜひ当たり・外れを確認してから寄附や交換してくださいね♪
近年では、年賀状の発行枚数が減少傾向にあります。インターネットの普及により、携帯やスマホ・タブレットなどで、簡単かつ気軽に新年の挨拶が送れることがその一因かと思いますが、せっかく通常よりも10円安く送ることができるこの機会に、年賀状を送ってみてはいかがでしょうか。
ブロードマインド株式会社
お金にまつわる学べる情報や雑学を、女性目線でわかりやすくご紹介しています。
今さら聞けないこんなことやあんなこと……少しでもお役に立てたら幸いです。
  • この記事が参考になったら
    いいね! してね
まわりにもシェアしよう!