あなたが自由に使えるお金はどれくらい? その使い道とは?

2017.08.12 741view
生活する上でいくらあっても足りないわ……と思ってしまうお金。外食や旅行、習い事など……何をするにしてもお金がかかりますよね。そんな自由に使えるお金の金額や使い方は、人によってさまざまかと思います。この度、Sodanを運営している(株)クレディセゾンでは収入に関するアンケートを実施しました。果たして、みなさんが自由に使えるお金はどれくらいなのでしょうか?
【調査概要】-------------------
・調査期間 :2017年7月20日~26日
・有効回答数:8,143件 
・調査対象者:セゾンPortalアプリ「スマホモニタ」利用者
・調査手法 :Webアンケートを実施
--------------------------------------
■あなたが自由に使えるお金は月に平均いくらですか?
収入や未婚・既婚、子どもの有無など、ご自身のライフステージによっても自由に使えるお金の金額や使い方は変わってくるかと思いますが、労働による収入がある方のうち最も多い回答が「~3万円台」で44%を占める結果となりました。次いで、「4~5万円台(20%)」、「6~7万円(7%)」と「自由に使えるお金はない(7%)」が同率となりました。
※「答えたくない」を除く
■自由に使えるお金の使い道は?
[全体]
自由に使えるお金の使い道として、最も多い回答が「外食(22%)」、次に「衣服(19%)」となりました。仕事をしていると、人とのお付き合いや身だしなみなどにも気を配らないといけませんよね。30~40代は役職に就く方の多い世代でもあることから、部下や後輩と食事に出かけた際に、ちょっと多めに支払うという方もいらっしゃるのかもしれませんね。
続いて、「趣味・習い事(14%)」という結果から、自分の好きなことにお金を使う方も多いということが伺えます。その他、「老後や病気に備える保険」、「ペットの医療費、フードなど」、「子どもに使う」「子どもの教育費」といった回答が挙げられました。次では、男女別の回答をみてみましょう。
[男女別]
上記の通り、「衣服」と「化粧品・美容」に関して男女で大きく差が出ました。女性は食べることよりも、身だしなみに対してお金を使う傾向にあるようですね。一方、「趣味・習い事」や「嗜好品(タバコ・酒等)」は、男性のほうが多いようです。「投資」においても、男性のほうが積極的のようですね。
いかがでしたでしょうか?リフレッシュすることや自分が夢中になっているものなど、自分のためにお金を使うことは決して悪いことではありません。しかし、収入の20%以上を貯金しているという方は問題ありませんが、もし貯金をせずに使い込んでいる……という方は、将来や万が一の時のためにも、自由に使えるお金の一部を少しずつ貯金していくよう心がけましょう! 
 
 
Sodan編集部
  • この記事が参考になったら
    いいね! してね
まわりにもシェアしよう!