そろそろマイカーが欲しいな!新車と中古車どっちがおすすめ?

2017.05.12 259view
結婚や出産して家族の人数が増えたタイミングなど、マイカーの購入を検討される際に生じる「新車にするのか」「中古車にするのか」という悩み。そんなお悩みをお持ちのみなさま、「新車」と「中古車」の違いをきちんと理解し、納得のいくマイカー購入をしてみませんか?
■新車と中古車の違いとは?
自動車を購入する際に、「新車か?」「中古車か?」で悩んだことはありませんか?
では、新車と中古車の違いについて以下で確認してみましょう。
1.車両の価格
当然、新車よりも中古車のほうが安く買うことができます。そのため、単純に価格重視なのであれば、中古車を積極的に検討しましょう。なお、自動車購入にありがちな「値切り」に関しては、新車と比較すると、中古車のほうが難しいようです。
2.故障などが発生した際の保証期間
保証という観点で考えると、新車のほうが手厚いです。新車の場合、通常3年間の保証期間が付いています。そのため、消耗品などを除き、新車の場合はほとんどメンテナンスにお金がかかることはありません。もちろん、新車だからといって壊れないということではありませんが、「あまり車に詳しくない……」なんて方は、保証期間が長い新車のほうが安心かと思います。とはいえ中古車の場合でも、新車登録から日が浅い車両の場合は、そのまま新車の保証期間を引き継ぐことができますし、販売店独自の保証制度を付帯していることもありますので、一概に新車のほうが良いとは言えませんが……。
3.オプションの自由度
新車の場合は、ご自身でお好きなオプションを選ぶことができます。当然、車両の色などは中古車でも選ぶことができますが、内装などまで自分好みにカスタマイズするのは難しいかと思います。よって、シートのカラーや素材など、いろいろとこだわりたい方にとっては「新車か?」「中古車か?」は大きなポイントになるでしょう。
4.車検のタイミング
新車で購入する場合は、3年間の車検が付いています。つまり、3年間は車検を気にする必要がありません。一方、中古車の場合は、その車両次第で車検の期間が変わってきます。そのため車検間際の車両を購入した場合、すぐに車検代が発生しますし、車検が通らず別途修理代が必要になる可能性もあります。
■車を買うなら、新車と中古車どっちがおすすめ?
それなりに高い買い物となる車の購入。「新品じゃないと嫌!」という方は、新車一択ですが、そうでない場合はどう考えれば良いのでしょうか?
上記のとおり、新車と中古車にはそれぞれメリット・デメリットがありますが、個人的にはメンテナンスをどう考えるか?だと思います。やはり車は消耗品です。乗っていれば、エンジンやバッテリーはもちろん、タイヤなどさまざまな部品が劣化してきます。よって、部品の買い替えなどが面倒に感じる方は、新車購入のほうがおすすめです。一方、部品を選んだりするのが楽しく感じる方は、ぜひ中古車を積極的に検討してみましょう。
また、「自分でメンテナンスを行う自信はないけれど、新車は高いしな……」という方には、展示車などの新古車を購入するという手段もあります。新古車とは、ディーラーで展示車や試乗車として利用されていた車両が該当しますが、扱いとしては中古車なので新車より価格が割安です。なおかつ、展示車や試乗車という性質上、走行距離は非常に少ないので、新車同様の性能を持ち合わせています。そのうえ、保証期間も新車同様に残っていますので、メンテナンス面でも安心ですね。実際、筆者も某メーカーの展示車を購入しました。新車と比較すると、価格は2割ほど安く、車検も2年半ほど残っていたため納得のいく買い物ができたと感じております。
ひとたび自動車を購入すると、自動車保険や各種税金などが発生するため、家計の固定費が上がります。また、不具合が生じた際の修理費や車検代など、別途準備しておく必要のある資金も発生します。どれも意外と馬鹿にならない金額ですので、自動車購入の際は一度FPに収支状況を確認してもらったうえで、新車か?中古車か?を決定しても良いかもしれません。最後に……余談ですが、自損事故の場合は新車であっても保証の対象外となりますので、くれぐれも安全運転でドライブを楽しんでくださいね!
ブロードマインド株式会社
第一種証券外務員を保有するお金のプロ!
難しいお金の話を分かりやすく解説します。