税金の還付が受けられる!?セルフメディケーション税制とは?

2017.04.14 478view
今年から、一部の市販薬の購入金額が一定金額を超えると、税金の還付が受けられるようになったらしい。「セルフメディケーション税制」っていうみたいだけど、一体どんな制度なのかな?
■「セルフメディケーション税制」ができた背景とは
普段、みなさんが病院や薬局へ行く際に、健康保険証を窓口で提出しますよね。ご存知の方も少なくないかと思いますが、健康保険証を提出することによって、自己負担額が3割になっています。逆にいうと、7割は健康保険組合が負担してくれているということですね。そんな中、少子高齢化がさらに進み、病院に行く方が増えることを考えると、わが国の医療費はますます増えていくことが予想されます。そこで、医療費抑制のために創設された医療費控除の特例が「セルフメディケーション税制」なのです。対象者が「自ら健康維持や促進、病気の予防に取り組んでいる方」であることからも、病気を未然に防いだり、症状が軽いうちに治療することによって重症化することを防ぎ、高齢化による医療費高騰を抑制したいという国の意図が伺えますね。
なお、この税制は平成29年1月1日~平成33年12月31日までの期間限定の制度となっております。詳しくは、厚生労働省のホームページ(セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について)にて確認してみてくださいね。
■気になるセルフメディケーション税制の内容とは
それでは、具体的にどんな制度なのか確認していきましょう。
セルフメディケーション税制とは、健康維持や病気予防のために、スイッチOTC医薬品に該当する市販薬を年間12,000円以上購入した場合、最大88,000円までであれば確定申告時に控除することができるという制度です。言い換えると、年間100,000円以上スイッチOTC医薬品を購入したとしても、控除できるのは88,000円までということですね。また、この年間購入額に関しては、配偶者や同居の親族の分を合算することができます。たとえば、家族で年間20,000円分のスイッチOTC医薬品を購入した場合、20,000円-12,000円=8,000円分控除できるというわけです。ここで注意が必要なのは、8,000円分の税金が返ってくるわけではなく、8,000円にかかった税金分が戻るという仕組みであるということです。よって、所得税率20%の方であれば、8,000円×20%=1,600円が還付されます。
なお、薬局で販売されている薬であれば、どれでも対象になるというわけではありません。スイッチOTC医薬品は、あくまで処方薬から転用された市販薬です。とはいえ、各製薬会社がそれぞれ商品を作っているので、管轄元の厚生労働省もどの商品がスイッチOTC医薬品であるか?を指定することはできません。よって、厚生労働省で指定されている成分を含む商品=スイッチOTC医薬品であると考えると良いでしょう。とはいえ、実際にどの薬に上記の成分が入っているかを一般消費者が判断するのは難しいですよね。そのため、商品のパッケージなどに「セルフメディケーション税控除対象」と印字されていることが一般的です。せひ、薬選びの参考にしてみてくださいね。
■これまでの医療費控除との違いは?どちらがおすすめ?
では、通常の医療費控除と何が違うのでしょうか?
大別すると、医療費控除は病院でかかった医療費に対して利用できるのに対し、セルフメディケーション税制は薬局などでも利用できるという違いがあります。このように利用できる施設が異なるので、ぜひとも併用したいところですが、残念ながら併用は不可となっています。
それでは、どちらを採用すれば良いのでしょうか?
ご家庭の状況によって異なりますので、一概にどちらがおすすめとは言えません。とはいえ、双方の控除方法を考えると、判断の答えが見えてきますので以下でお伝えいたします。
通常の医療費控除は、かかった医療費の10万円を超えた部分を所得から控除できます。一方、セルフメディケーション税制は、前述のとおり12,000円を超えた部分を所得から控除できます。なお、どちらも世帯合算で利用することが可能です。このことから、「10万円も医療費は使わないけれど、家族全員で12,000円であれば使えそう!」というご家庭には、セルフメディケーション税制が有効です。一方、入院や手術など大病をした場合は、通常の医療費控除のほうがお得でしょう。なぜなら、セルフメディケーション税制は最大で88,000円と上限額があるため、かかる医療費が大きくなる場合は通常の医療費控除のほうがより多くの金額を控除できるからです。このように、どちらを採用するか?は、かかった医療費の金額で判断するのが良さそうですね。
なお、どちらを採用するにしても、確定申告時にかかった医療費を証明するために領収書などが必要となります。領収書がなくて控除が利用できなかった……ということがないように、領収書などは捨てずに残しておくようにしましょうね!
ブロードマインド株式会社
第一種証券外務員を保有するお金のプロ!
難しいお金の話を分かりやすく解説します。
  • この記事が参考になったら
    いいね! してね
まわりにもシェアしよう!