ハイヒールを履きすぎたら外反母趾に……手術費用は?保険は適用される?

2016.03.18 2444view
ハイヒールのある靴を履き続けていると、足が圧迫されて「外反母趾」という症状が起こることがあります。悪化してしまうと手術が必要になることも……。今回は、外反母趾の治療費や保険が適用されるのか、ということについてお話します。

【その他の症状のケースについて知りたい方はこちらもおすすめ】
親知らずが横向きで手術をすることに!医療保険でお金はもらえる?
レーシックの手術を受けようかな。健康保険や医療保険は適用される?
■外反母趾の症状と治療方法とは?
まず、外反母趾とはどのような症状で、どのような治療が必要になるのかご説明します。

【外反母趾とは】

足の指の付け根の幅が広がる開張足という症状から始まり、だんだん親指が外側に曲がっていきます。運動不足、足指を使わない歩き方(ペタペタ歩き)、つま先の細いヒールのある靴や合わない靴を履くなどにより、足指周り・土踏まずの部分の筋肉が衰えることが原因で起こります。症状が進行すると、親指の中骨が突き出てしまい、靴などにあたった際に痛みを伴います。さらに悪化すると、靴を履いていない時でもちょっとした動作で痛みが出てしまったり、親指の付け根の関節の脱臼や隣の指と重なってしまうなどの症状へ発展してしまいます。よって、初期症状の段階で治療することが望ましい、とされています。

【主な外反母趾の治療方法】

[保存療法]

靴を足に合ったものに替える、テーピング・専用インソールによる矯正・悪化防止などの手術を行わない治療法です。軽度の症状ですと、これらの保存療法で改善がみられるようです。


[手術]

保存療法で改善が見られない場合や悪化が著しい場合は、手術をすることになります。重度の外反母趾手術の場合、親指の中足骨を切り、出っ張ってしまっている部分の骨を切除し、曲がった角度をまっすぐに直して固定する「マン法」というものが一般的です。軽度~中度の症状の場合は、親指の中足骨の出っ張ってしまっている部分の下部を切り、切り取った上部の軸を中側にずらして固定する「シェブロン方法」というものもあります。
また、近年主流になりつつある「DLMO(デルモ)法」という術式は、上述の術式のように大きく切開せずに、小さく切開して親指の中足骨を切り、親指の指先から鋼線を差し込み固定する方法です。局所麻酔で手術を行い、早ければ日帰り・入院しても1週間以内で退院できることから、この術式を選ぶ方が増えています。
どの術式も、手術時間はだいたい1時間~2時間ほどで終わるようです。ですが、完治するまでに、1ヶ月~3ヶ月はかかり、その間は通常の靴などは履けなくなります。足に異常を感じたら自己判断せず、お医者さんにかかってみましょう。現代の医療では、QOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)を大事にしていますので、ライフスタイルにあった良い治療法を見つけてくれると思います。
■外反母趾の手術費用はいくらくらい?
では、症状が進行してしまい、手術をする運びとなった場合の費用はいくらくらいなのでしょう。術式・入院日数にもよりますが、片足でだいたい15万円~30万円ほどのようです。両足同時の場合は、プラス10万円ほどかかりますが、同時手術は術後の不便さなどから、あまり主流ではないようです。
■外反母趾の治療に健康保険は適用される?
病院などで適用される健康保険は、外反母趾の手術にも適用されるのでしょうか?
答えは「YES」です。
他の手術と同様に、3割負担になります。入院時にかかる食事代も、1食につき定められた金額を超えた場合に「入院時食事療養費」として健康保険からまかなわれます。しかしながら、入院するにあたり、差額ベッド代は公的医療保険の適用外となります。平成26年度に厚生労働省が発表している、差額ベッド代の平均金額は6,129円となっています。したがって、入院日数×約6,129円が自己負担となります。

この差額ベッド代の金額は、入院する病院や個室・2人以上の部屋などで代わってきますので、気になる方は手術を検討している病院へ確認してみてください。
■医療保険は適用される?
さて、手術費用は健康保険が適用されることがわかりました。では、医療保険はどうでしょうか。
こちらは一概に「YES」といえませんが、たいていの医療保険では公的医療保険(診療報酬点数がつくもの)に該当するものは、給付金の対象になるものが適用されるので、給付金の請求ができます。(※以前にあった「88項目(種類)型の手術が対象」という医療保険の場合は、その限りではありません)みなさんも医療保険の冊子などで、「入院日額5,000円」や「入院日額10,000円」といった文言を見かけたことがあるかと思います。これは、入院時の1日分の給付金を指します。ということは、差額ベッド代が医療保険でまかなえるということになります。

保険会社によって、条件や適用される入院日数は異なりますので、医療保険に加入している方で、外反母趾の手術で適用される条件や、支払われる給付金の額が気になる方は、保険会社に問い合わせてみてくださいね。
■最後に
いろいろ書かせていただきましたが、かくいう筆者も少し外反母趾気味でして、悪化しないように足指の運動をしている日々です。もともと手も足も指先は器用な方ですので、手術を行う大惨事は避けたいと思っています。
「オシャレは我慢!」なんて自分の体をないがしろにしている方は、手遅れになる前に、足と保険の見直しを!
ブロードマインド株式会社
お金にまつわる学べる情報や雑学を、女性目線でわかりやすくご紹介しています。
今さら聞けないこんなことやあんなこと……少しでもお役に立てたら幸いです。
  • この記事が参考になったら
    いいね! してね
まわりにもシェアしよう!