【まとめ】みんなの強い味方!医療費控除の還付金とは?

2017.12.03 245view
みなさん、どのくらいの頻度で医者にかかりますか?やたらと病気やケガに苦しむ年もあれば、医者のお世話にならない年もあったり、また人によってもまちまちかと思います。とはいえ、一生に一度も病気やケガにかからない人はいませんよね!?そこで今回は、医療費がかかったときの強い味方となる「医療費控除」についてのコラムをまとめしました。
■医療費が10万円を超えたら「医療費控除」の申請を忘れずに!
病気やケガなどの医療費が10万円以上かかった場合、確定申告することで税金が戻ってくる医療費控除の制度。手続きが面倒で利用したことがないなんてもったいないですよ!ぜひ、このコラムで正しく理解して、還付金を受け取りましょう。
>>このコラムをよんでみる
■確定申告で医療費控除を受けたい!領収書を紛失したら諦めるべき?
医療費控除を受ける際には、確定申告を行う必要があります。その際、領収書が必要になりますが、もしも領収書をなくしてしまった場合どうすれば良いのでしょうか……?
>>このコラムをよんでみる
■税金の還付が受けられる!?セルフメディケーション税制とは?
医療費控除と似て非なる、セルフメディケーション税制をご存知ですか?どちらがおすすめか?は、その時々のご家庭の状況によって異なりますので、医療費控除と併せて正しく理解しておきましょう。
>>このコラムをよんでみる
■確定申告(医療費)
現在、主人の扶養(社会保険も)に入っており、年間103万円以下でパートをしています。2人併せての医療費が10万円を超えそうなのですが、この場合、私と主人のどちらが確定申告をしたほうが良いのでしょうか?
>>この投稿を読んでみる
いかがでしたでしょうか?ご自身だけでなく、ご家族みなさんの医療費を合算して申告できるなんてありがたいですよね!利用にあたって確定申告しなければいけませんが、ぜひ面倒くさがらずに積極的に利用してみてくださいね。
  • この記事が参考になったら
    いいね! してね
まわりにもシェアしよう!