産休・育休中でも会社からお給料ってもらえるの?

2017.05.16 1091view
結婚して数ヵ月……新しい生活に慣れた頃だからこそ考える「子ども」のこと。早く子どもを授かりたいなと思いつつ、産休・育休で仕事を離れている間のお金事情が心配で、なかなか踏み切れないという方もいらっしゃるでしょう。果たして、産休・育休中はお給料がもらえないのでしょうか……?
■産休・育休とは?
近年、共働きのご家庭が増えてきています。ということは、子どもの出産や育児のタイミングで一時的に仕事を休む必要があるわけですが、そんな時に気になるのが「給料はどうなるのか?」ということですよね。では、給料がもらえるのかどうかを確認する前に、そもそも「産休」「育休」がどういうものなのかを確認していきましょう。
まず、出産の直前・直後の休暇のことを「産休」といいます。具体的には、予定日より6週間前が産前(双子などの場合は14週間前)、出産後8週間が産後にあたります。
※ただし出産日が伸びた場合は、その間も産前の扱いになります。
この産前・産後の期間は、労働基準法で休業が認められています。また、産後に関しては、本人が希望し医師からも問題ないと認められた場合は、6週間に短縮して職場復帰することもできます。なお、労働基準法で産休休暇の取得を理由に解雇することが禁止されているので、雇用形態に関係なく、派遣社員やアルバイト勤務でも取得することが可能です。
一方、産休後さらに子どもが1歳になるまで取得できる休暇のことを「育休」といいます。保育所に入れないなどの特別な理由がある場合は、子どもが1歳半になるまで期間を延長することも可能です。また、産休とは少し制度が異なり、育休は男性でも取得することができます。なお、産休と同様に、契約社員やアルバイト勤務の方でも取得することができますが、取得には以下のような条件があります。
 1年以上同じ会社で働いている
 育休明けにも引き続き雇用される見込みがある
育休に関しては独自に制度設計をしている企業もあり、なかには子どもが1歳半を超えても育休を取得できる企業もあるようです。
■産休・育休中のお給料はどうなるの?もらえるお金と出ていくお金とは
前述のとおり、産休・育休期間を合算すると、最低でも1年以上仕事を休むことになります。では、その間のお給料をはじめとする収入や税金などの出て行くお金はどうなるのでしょうか?
まず、収入面からみていきましょう。産休・育休どちらの場合も、基本的に勤務先から給料が支払われることはありません。とはいえ、給料が0円でも収入が0円になる訳ではありませんのでご安心ください。産休中には健康保険から「出産手当金」が、育休中には雇用保険から「育児休業給付金」が支払われます。

では、気になる支給額はいくらくらいでしょうか?
【出産手当金】
標準報酬月額÷30日×2/3
【育児休業給付金】
育休開始後180日まで:賃金日額×支払い日数×67%
育休開始後180日以降:賃金日額×支払い日数×50%
次に、税金などの出て行くお金です。出産手当金、育児休業給付金ともに非課税です。そのため、産休・育休中は所得税がかかりません。ただし、住民税は前年の所得に対して課税されるので、どちらの期間も負担する必要があります。また、社会保険料も免除となっています。かつては、産休中には社会保険料を支払う必要がありましたが、平成26年4月以降、産休中の社会保険料の支払いも免除となりました。つまり、産休・育休中ともに社会保険料、所得税の支払いが免除されるということですね。
このように、税金や社会保険料などに関しては優遇措置がとられているのです。とはいえ、安心するのはまだ早いですよ!なぜなら、産休・育休期間ともに収入があるとはいえ、これまでの給料と同じ額が支払われるわけではないからです。また、育休から復帰後もしばらく時短勤務で働くのであれば、その間も収入は減少しますよね。そのため、子どもが生まれるまでの間の世帯収入を前提に生活をしていると、産休・育休期間以降の生活が厳しくなるかもしれません。このようなことから、産休・育休に入る前に収支の見直しをしておくことをおすすめします。
実際、「独身期間・共働きで子どもがいない(DINKS)期間・末子独立後の期間」とお金が貯められるタイミングは3回しかないと言われています。ということは、子どもが誕生すると、次の貯蓄期間はかなり先になってしまいますよね。つまり、共働きかつ子どもがおらず生活に余裕があるDINKSの間に、(生活レベルを上げずに)しっかりと貯蓄をしておくことが非常に重要となるのです。お子さまのいない今のうちに、今後のライフプランと収支状況を確認してみてはいかがでしょうか?
ブロードマインド株式会社
第一種証券外務員を保有するお金のプロ!
難しいお金の話を分かりやすく解説します。
  • この記事が参考になったら
    いいね! してね
まわりにもシェアしよう!