【まとめ】老後に必要なお金はいくら?パターン別に確認しよう!

2018.01.07 484view
先行き不安なこのご時勢。老後生活が心配……という方も少なくないのではないでしょうか?そこで今回は、老後を迎えるまでにいくらお金を貯めておけば安心できるのか?をパターン別にみていきたいと思います。
■老後資金は夫婦2人で最低3,000万円!気になるその理由とは?
一般的に、「老後資金は夫婦2人で3,000万円!」と言われています。その理由と効率的な老後資金の備え方が知りたい方には、こちらのコラムがおすすめです。
>>このコラムをよんでみる
■老後の夢は海外移住!老後資金はどうすればいいの?
以前に比べ、海外旅行や海外留学経験者が増えつつある昨今。老後は海外移住したい!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?では、日本とは勝手の異なる海外で暮らすにあたって、老後資金はどう考えれば良いのでしょうか?
>>このコラムをよんでみる
■退職金が無い。自営業の老後はどう備えたらいいの?
ご結婚されているみなさまのなかには、自営業のご主人をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。自営業の場合は退職金がないため、一般的なご家庭以上に自助努力が必要になります。具体的な対策が知りたい方は、こちらのコラムをご参考に!
>>このコラムをよんでみる
■ずっと賃貸に住むなら……老後資金はいくら必要?
引っ越しがしやすい等の理由で、生涯賃貸に住む予定の方もいらっしゃいますよね。しかし、老後も賃貸暮らしとなると、持ち家の方以上に老後資金を備えておく必要があることを忘れてはいけません・・・。
>>このコラムをよんでみる
いかがでしたでしょうか?“夫婦2人で3,000万円”というのはあくまで目安であって、実際は“どのような老後を送りたいのか”や“老後に受け取れる年金額はいくらあるのか”など、ご家庭ごとに必要な老後資金の金額は異なるということがお分かりいただけたかと思います。
今回の特集記事を読んで、「わが家はいつまでに、いくら備えれば良いの?」と気になった方は、まずはライフプラン設計を行ってみることをおすすめします。ライフプラン設計を行うことで、いつのタイミングでいくらお金が必要になるのかが明確になるため、貯蓄もしやすくなるのではないでしょうか。
  • この記事が参考になったら
    いいね! してね
まわりにもシェアしよう!