転職,その他

会社の退職金制度について

  • 3 投稿
  • 0 コメント
  • 1 私も知りたい
相談番号 0000101155
ももこうめさん
2015.08.07 13:35

お世話になります。
来年の春頃に退職を考えています。
会社の退職金制度のことなので、会社の人事に確認するのがベストだということは重々承知の上で、まずはこちらに相談させていただきました。
(周囲に退職のことを知られたくないことと、人事の担当者がいつも不親切な対応なので聞きにくいため。。。)

私の会社では、ニューキャリアサポート制度というのがあります。
条件を満たしていれば、次の職へ就くために会社が以下の2種類の何れかの方法で支援してくれるというものです。
(1)一時金支給制度
 退職時に"基準賃金×18"の一時金を退職金に上乗せして支給する。
(2)休職制度
 次の職に就く間、最大12ヶ月間の休職を認める。
 ※休職期間も在職していたものとする。
 ※休職期間中は基準賃金分を10割、支給する。
 ※退職時はその時点での退職金を支給する。

どちらを選択するべきか迷っています。(できるだけ、お得な方を選択したいです。)
上記の通り、(1)は(2)より、最大で基準賃金×6ヶ月分多く支給されることになるので、(1)の方がお得だと思われるのですが、何かデメリットはあるのでしょうか?
消費税等でごっそり引かれたりしますか?

また、(2)のメリットが見出せません。
メリットを考えてみると、、、例えば(2)を選択し、12ヶ月間休職した場合、
・休職期間も勤続年数に加えられるので、厚生年金も支払い続けることになるので、老後、厚生年金が少し多く支給される。
・確定拠出年金制度により、退職時のポイントが12ヶ月後上がっているので、"若干"退職金が増える。
というところでしょうか?
でも、休職期間中に次の職が見つかった場合は、そこで支払いは打ち切りになるわけで、ならば、(1)の制度を利用して次の職を探した方が良いように思います。
なのに、なぜ(2)の制度が存在しているのか?
休職して在籍していることによるメリットって何なのでしょうか?

会社によって様々だと思いますので回答難しいかもしれませんが、参考になるご意見いただければと思います。

よろしくお願いいたしますm(_ _)m

ももこうめさん

こんにちは。
お金の専門家 平原です。
退職金制度のご相談ですね。

現在のお勤めの会社の詳細制度がわからないので正確性に欠けるアドバイスになるかもしれませんがご容赦ください。

一時金支給制度と休職制度とを比較した際のアドバイスという事ですが金額的な事だけを考えると、御認識通り一時金制度を利用した方がよさそうです。
税金的な部分は、退職所得控除という優遇措置があります。
この控除は、勤続年数によって変わってきますので、人事の方に確認してみるとよいでしょう。

さて、休職制度を選択するメリットは、やはり「退職しているわけではない」という点です。
退職と同時に転職先が見つかる場合は関係ありませんが、仮に、転職活動がうまくいかず、次の仕事が見つかるまでにお時間がかかったとします。

この間も在職扱いになる点が休職制度の良いところです。
このような退職勧奨制度があるという事は、お勤め先は大きな会社ではありませんか?
辞めるまでは、会社独自の団体制度や福利厚生等を利用することができます。

もちろん、会社を辞めてしまった場合、無職の期間はご自身で国民年金や健康保険を負担する必要もあります。
こういったものを無給の状態で貯蓄から支払っていくのは精神衛生上もあまり良くないでしょう。
ももこうめさん
2015.08.10 18:17
ご回答ありがとうございました。
先日、一時金制度を利用して退職した先輩に会ったので、選んだ理由を聞いてみました。
理由は、とにかく、この会社が嫌で関わりたくなかったからということで、あまり参考にはなりませんでした。
が、退職後1年半が経った今も就職できておらず、退職金を崩しながら生活している状況でした。
退職後は、とにかく退職金から引かれるものしかないと言っていました。

ご回答の通り、無給で保険などを支払い続けるのは精神衛生上良くなさそうですね。。。

もう一つお伺いしたいのですが、退職後は、社会保険は支払う必要はないのでしょうか?

よろしくお願いします。
ももこうめさん

こんにちは。
お金の専門家 平原です。
退職後の社会保険の件でご相談ですね。

こちらは、退職後、社会保険はご自身で払うことになります。
居住地の国民健康保険に切り替えるか、勤め先の健康保険を継続(2年間)するか選べます。
なお、勤め先の健康保険を継続する場合は、今まで労使折半だった保険を全額払う形になるので、ご注意くださいませ。
ももこうめさん
2015.08.18 21:02
ありがとうございました!
理解できました。
みんなのコメント コメントする
まだコメントはありません