ライフプラン,税金・節税対策

ダブルワークの扶養範囲について

  • 2 投稿
  • 0 コメント
  • 5 私も知りたい
相談番号 0000538206
エンジェルさん
2017.06.22 13:23

今まで、委託の仕事で月5万くらいの収入(A)と、塾のパートで、月0〜2万の収入(B)がありました。
委託の仕事Aは個人事業扱いとのことで、マイナンバー提出や源泉の発行はありません。給料明細はもらっています。
Bのパートはマイナンバー提出してます。
合わせて月に7万未満なので、確定申告は不用と思いしていません。

このたび、家計のために、もう一つパートを増やし、来月から、そちらの収入が月6万8千円くらいの見込みです(C)
その仕事が増える分、Aの仕事量を減らそうかとは思っているのですが、扶養範囲をこえないように、合計130万以内になるよう、A3万9千円、Bは退職、C6万8千円
といったようにするのか、
扶養範囲をこえても働けるだけ仕事をするほうがいいのか悩んでいます。

マックスで、A5万、Bは不定なので、6千円〜1万5千円くらい、C6万8千円〜7万4千円で、月13万くらいです。
マックスの場合、C社は、会社としては社会保険完備ですが、入れるのでしょうか?
それとも国保、国民年金に加入になるのでしょうか?
その場合、その金額と手取り収入はだいたいどのくらいになるのでしょうか?

扶養範囲内のほうがよいのであれば、130万以内、月10万8千円以内でよいのでしょうか?

Aの仕事量は申請できるので、そこで調整したいと思います。家計が厳しいのでできるだけ、手取りは増やしたいのですが、どうすればよいでしょうか?

主人は会社員、二人とも40代、子どもありです。

エンジェルさん

こんにちは。
ご投稿ありがとうございます。
また、返信が遅くなり申し訳ございません。

エンジェルさんの仰る通り、年間の見込み収入が130万円以上になると、旦那様の扶養から外れ、Cの職場にて社会保険(健保・厚生)に加入するか、若しくは、国民年金・国民健康保険に加入することになります。

Cの職場で週30時間以上勤務した場合は、社会保険に加入が可能となります。
保険料は、額面金額の14%前後になります。

一方で国民年金・国民健康保険に加入する場合は、国民年金は16,490円(月)、国民健康保険料については、お住まいの市区町村により異なりますので、詳細は、市区町村役場にてご確認下さい。

何れにせよ扶養から外れた際は、社会保険料が追加で発生しますが、その分を補てんし、かつ、手取りをさらに増やすのであれば、思い切って就労してみては如何でしょうか。

こちらの回答が参考になれば幸いです。
エンジェルさん
2017.06.28 00:40
ありがとうございました。

追加で質問したいのですが、

Aは委託になるのですが、毎月自分で全部の会社の収入が10万8千円を超えないよう計算しておいて、来年2月の確定申告でA社で収入があることと、BC社の源泉などをみせたら良いのでしょうか?
それとも、A社の分のみ確定申告するのですか?
BC社にはマイナンバーも提出済で、C社で雇用保険には入ります。
昨年は、A社B社の合計月収が8万未満だったので、確定申告はしていません。B社で扶養の申請書は出しています。

でも、Cに入社するので、Cが一番月収が高いので、C社で扶養出して、B社にはその旨連絡するのよいですか?

A社の収入については来年2月まで何もしなくてよいのでしょうか?
それと、A社は個人事業扱いなので、確定申告では文房具などを経費として提出するほうがよいのでしょうか?
エンジェルさん

お返事ありがとうございます。

結論から申し上げますと、全社全ての収入を合算して、確定申告をする必要がございます。
A社につきましては事業所得となりますので、必要経費があればあわせて申告をする必要がございます。
扶養の申請については、C社で申告する際は、その旨B社に連絡をお願いします。

また、社会保険の扶養者として加入し続ける場合は、全ての収入が年間130万円未満にする必要がございます。
まわりにもシェアしよう!