ライフプラン,家計・家計簿,保険,ローン,貯金
解決しました

老後資金と教育資金と保険と生活のバランス

  • 1 投稿
  • 0 コメント
  • 4 私も知りたい
相談番号 0000190318
ochan99さん
2016.01.24 19:14

シングルマザー 45才(昨年10月離婚)
手取年収 1,100万(うち不動産収入450万)
子供 小三、年中
金融資産 900万
自宅 賃貸併用住宅
住宅ローン残 8,000万(半分は残31年、半分は残35年)毎月約26万返済
母親からの借入残 800万弱(毎月8万返済。金利は0)
死亡保険 500万、年金保険 300万
その他 在職中の死亡で有れば会社から500万
教育保険 2人に各200万ずつ義母が払込済み(高校入学時に子供にもらえる予定)

質問
1.老後資金にいくらくらいの貯金が必要か
2.子供二人を中学から私学にいかせることは可能か?
3.中学から私学にいかせる場合、教育資金としていつまでにいくら必要か
4.保険は十分か

詳細
・元旦那は生活費を一切入れず、転職を繰り返し、自分の収入以上に浪費するタイプで、私が全ての生活費をまかないつつ、彼に直接2,000万ほどこれまでに貸してきた(返ってくる見込みは薄い)
・住宅ローンの半分は、元主人から不動産売買の形で私名義で35年ローンを組んだばかり
・養育費は元旦那に支払能力がなく、払われていない
・親子3人の現状生活費(臨時支出も含む)は、住宅ローン、親への返済、教育費を除き20万。
・教育費は現状月9万(学校、塾、保育園、習い事)程度。
・住宅ローンは、減税終了後可能なら定年頃には完済または少額にしたい
・自宅立地は都心・駅近・築浅なので現在は賃借人に困っていない上に、賃貸収入が住宅ローン、親への返済を上回っている
・完済・子供独立後は、広めの自宅も賃貸に出し、自分は小さい賃貸部屋に引越してもよい。月額15万程度は賃貸収入増が見込める。

目先のお金には困っていませんが、元旦那にかなりお金を出してきたので、収入・年齢のわりに住宅ローン残が多く、貯金が少ないことが不安です。
賃借人が将来的にもあり続けるか不安です。
土地柄、私立の中高一貫校に行く子が多いものの、二人とも私立に行かせることに金銭的に大丈夫か不安です。
住宅ローンの半分は疾病付きの団信ですが、団信がおりない病気で仕事できなくなる可能性について不安です。
離婚したので、義母が拠出してくれた教育保険の満期金を子供たちが本当に受け取れるか不安です(証書は手元にあるが義母が受取人になっています)

このような漠然とした不安から、毎月の支出について厳密に予算化して、子供たちには常々口癖のようにうちは貧乏だから節約節約と言っているので、
将来的な不安を解消して、適度な消費生活も楽しみたい気持ちもあります。

専門家の客観的な分析とアドバイスをお願いいたします。す。

ochan99さん

こんにちは。

以下4つのご質問有難うございます。
1.老後資金にいくらくらいの貯金が必要か
2.子供二人を中学から私学にいかせることは可能か?
3.中学から私学にいかせる場合、教育資金としていつまでにいくら必要か
4.保険は十分か

回答にお答えする上での前提としてお持ちの不動産をどのように考えるか?次第です。

大別すると3つのパータンが考えられます。
A:不動産収入を考慮しないで保守的にライフプランを立てる
B:不動産収入=ローンの返済として考えて、利幅は考慮しない
C:不動産収入をある程度終身年金として考える

たとえばCの前提であれば、
ご質問1の老後資金の問題はあまり考えなくても良いかもしれません。
年金支給(65歳)まで、再雇用でしのげば、家賃収入+年金で充分暮らせる目安が立てられます。

一方、Aの前提であれば、
住宅ローンの返済終了タイミングを考えると、かなりシビアなシミュレーションになるかと思います。

なお、上記の不動産が関係しない点で言うと 3(中学から私学進学の学費)になります。
下のお子様が大学卒業のタイミングを考えるとochan99さんは60歳を過ぎていますので、教育費が終わってから老後資金を準備する事は出来ません。
そのため、小学校5年生(受験ピーク前)までに1人あたり700万円は準備しておきたいですね。
お二人とも進学させるとなると、教育費がWで掛かる期間が5年程あります。
少なくとも下のお子様の分は準備しておく必要があるかと思います。

よろしければ、一度対面相談をご利用してみては如何でしょうか?
色々な前提でシミュレーションする事が可能です。

こちらの回答がご参考になれば幸いです。
みんなのコメント コメントする
まだコメントはありません