保険

扶養の限度を越えた場合の社会保険・年金の損得について教えてください。

  • 1 投稿
  • 0 コメント
  • 2 私も知りたい
相談番号 0000190191
怪獣の母さん
2016.01.21 15:46

長年、専業主婦をしていた者です。夫は自営で国保加入者です。私は国民年金を支払っておらず、保険会社の年金保険に加入してそちらを支払っています。この状態で、現在、パート勤めをして半年経っています。扶養の範囲ということで103万以内の範囲で勤めています。
最近、上司より勤務時間を延ばせないか?と、言われています。
仕事の能力を認められてのことなのでうれしいのですが、正直、社会保険料はいいとしても、年金に関しては嫌だというのが本音です。
現在の年齢から考えて、今から支払ってもたいした額はもらえない気がして、払うだけ無駄ではないか?と、思ってしまうのです。(過去に社会年金で5年加入したのみ。国民年金加入はゼロ)
この状態での年金支払いに意味はあるのでしょうか?
半端に増やして控除される分も増え、手取りが逆に減るぐらいなら、また支払った分、年金がもらえないなら、このままの勤務状態でいいように思ってしまうのですが。

怪獣の母さん

こんにちは。
ご質問ありがとうございます。
年金についてのご質問ですね。

社会保険は、原則1週間あたりの労働時間が30時間以上(休憩時間除く)の場合に加入することになります。
ご質問の通り、勤務時間が延びれば社会保険に加入し、保険料が発生することになります。

平成29年4月より、年金の受給要件が現行の25年(保険料を納付した期間)から10 年へ短縮されます。
怪獣の母さんのケースですと、残り5年間社会保険に加入することで受給権が発生します。

なお、10年間加入した際の受給金額ですが、国民年金については約19万円(年額)、厚生年金については、現役時代の給与収入に応じて受給金額が決定します。
つまり、65歳より20年間年金を受給した場合、国民年金だけで約380万円受給することが出来ます。

社会保険にご加入することで、現役時代は手取り収入が減少する可能性もございますが、将来を見据えたライフプランを構築することをお勧めします。

こちらの回答がご参考になれば幸いです。
みんなのコメント コメントする
まだコメントはありません