ライフプラン
解決しました

44歳独身 将来の生活が不安です。

  • 1 投稿
  • 0 コメント
  • 0 私も知りたい
相談番号 0000184061
とこさん
2015.12.27 21:25

現在、74歳父と二人暮らしです。
恥ずかしい話しですが、父の収入で暮らしています。私は今の所、障害者年金を支給されています。
が、父の年齢を考えると、働かなければ、と考えています。
母が2年前に亡くなり、その保険金があります。今のまま、賃貸の家で暮らすか、狭小住宅で比較的安く建てられる家を購入するかで悩んでいます。
先々、何年働けるかも解らないし、国民年金は収められてないので、年金もありません。
もし、家を購入した場合、どの位の税金がかかるのか、どの位の貯蓄が必要なのか見当もつきません。
詳しく教えて頂けないでしょうか。

とこさん

こんにちは。
ご投稿ありがとうございます。

賃貸で暮らすか、住宅を購入するかで悩んでいらっしゃるとのことですね。

まずはこの先のライフプランニング[今後の収入(お父様の収入+とこさんの予定収入+年金)と支出(毎月の支出、数年先に必要になるお金等)をシミュレーションすること]をしてみた上で、賃貸で暮らすのか、住宅を購入するかを検討すると良いのではないでしょうか。

現在住宅をどうするか?ということでお悩みかと思いますが、ライフプランニングをすることにより、住宅以外でも先々必要になるお金があるのか(=悩むべき費用は住宅だけなのか)が見えてくると思います。

仮に住宅を購入された場合の税金の話をすると、住宅購入時には、登録免許税、不動産取得税などが掛かってきます。
また毎年、固定資産税が掛かります。
税金の金額感をお知りになりたいと言う事ですが、物件の金額次第で変わってきてしまいます。
たとえば、毎年掛かる固定資産税ですが、都市部では数十万掛かる事も珍しくありません。
地方(土地の金額次第で)では、10万円を切ることもあるようです。

また、貯蓄の目安ですが、やはり常に手元に半年分の生活費を残しておく事をお勧めします。

ご質問のご回答になっておりますでしょうか。
是非、ご参考にしていただければ幸いです。
まわりにもシェアしよう!